〒454-0852 愛知県名古屋市中川区
昭和橋通4-18 [アクセスMAP]

ご予約・お問い合わせはお電話ください

052-661-0504 初診WEB予約

受付時間
09:30~13:00 × ×
14:30~18:30 × × ×
14:30~18:00 × × × × × ×

休診日:水曜・日曜・祝祭日

インプラント手術って痛いの?―麻酔で痛みを軽減

インプラントコラム

インプラント手術って痛いの?―麻酔で痛みを軽減

インプラント治療は、歯のない部分のあごの骨をドリルで削って歯根を埋め込み、その上から人工歯をかぶせる手術をします。
あごの骨をドリルで削るなんて、とても痛そうですよね。インプラント治療には興味があるけれど、痛いのはイヤという方は多いのではないでしょうか。
そこで、インプラント治療・手術の痛みや麻酔について紹介します。

骨の中まで効くインプラントの麻酔
手術をする前には必ず麻酔注射をします。その麻酔注射も痛みはないし、手術中に痛みを感じることもありません。
麻酔は、歯茎・あごの骨・歯の中にある神経へと順番に入っていきます。
虫歯治療の際は、麻酔が神経まで入り込まないと痛みを感じてしまうことがあります。痛みがある時に治療を始めると、神経が充血して麻酔が入り込むことができないことがあります。
それに比べてインプラントは、骨の中まで麻酔が効いていくので痛みを感じることはありません。
もし、手術時間が長くなり麻酔が切れてしまうような場合には、麻酔を追加するので痛みに対する不安はないといって良いでしょう。

それでも不安な方には
それでも痛みに対する恐怖や不安や緊張感が強い方には、静脈内鎮静法または笑気麻酔(笑気鎮静法)を用います。
静脈内鎮静法とは、腕の静脈に鎮静剤を注入して気分をやわらげ痛みを感じにくくする方法です。意識もあり自発呼吸もできるので、全身麻酔のように人工呼吸の必要はありません。精神的にリラックスした状態で手術を受けることができます。
笑気麻酔は、マスクを顔に当てて鼻から笑気ガス(亜酸化窒素)を吸引する方法です。この方法でも恐怖や不安がなくなり、とてもリラックスできます。
クリニックによって、静脈内鎮静法または笑気麻酔のいずれかの方法を用いているので、手術への不安が強い方は相談すると良いでしょう。
手術後も、痛み止めの薬を1~2回程度服用するだけで大丈夫です。

手術後の注意―ちょっとした心がけで痛みが軽減
手術後1~2時間すると麻酔が切れて、痛みを感じるので、その前に痛み止めを服用しておくと不快感や痛みがやわらぎます。
そして、手術した部分を24時間くらい冷やすと痛みや腫れが軽減します。それ以降も冷やし続けると血液の循環が悪くなり、回復が遅くなってしまいます。冷やした後の24~72時間くらいは、温める方が痛みの軽減になります。
喫煙の習慣がある方は、術後は控えましょう。喫煙は毛細血管を収縮させるので、回復が遅くなります。歯茎が治るのが遅くなると細菌感染の可能性があるので、痛みを感じることが多くなります。
アルコールも控えましょう。アルコールにより血液の循環が良くなって、傷をつけた骨に流れる血液が多くなり、ズキズキとうずくことがあります。
そして、鼻をつよくかまないように気をつけましょう。鼻に通じる空洞に穴を開けている手術をした場合には、鼻をつよくかむ陰圧により穴がつながってしまうことがあり、穴からインプラントや人工骨が吸引される形になり、痛みを感じます。術後の多少の鼻血は、自然に止まります。
最後に、食事はできるだけやわらかいものを食べるようにし、栄養はしっかり摂るようにしましょう。

手術後半年以上経過しての痛み・症状―大事な定期検診
インプラント手術後半年以上経過して起こりうる症状を挙げてみます。

■インプラント・人工歯に起こる症状
ごくまれに起こることですが、インプラントがポロッと抜け落ちたり、支える骨がやせて歯茎の中に埋まっている歯根部分が見えたりすることがあります。
これは、歯磨きが不十分なために磨き残しの食べかすなどが、細菌のかたまり(歯垢)となって炎症「インプラント周囲炎」を起こした場合になりやすくなります。また、かみ合わせなどが変化した場合にも起こることがあります。
インプラントが折れた、上部の人工歯が取れた・ぐらぐらする・欠けた・割れたなどの症状についても、ネジがゆるんだり部品が折れたり、硬すぎるものをかんでインプラントに強い衝撃を与えたりした場合に起こります。
気がついたら早い段階で相談・治療をすれば、抜け落ちや折れ、ぐらつきなどが改善します。

■歯茎に起こる症状
インプラントをした周囲の歯茎の腫れ・出血・膿が出るなどの場合は、インプラント周囲炎の可能性があります。
歯茎が締め付けられるような感じがする場合もあります。
これらも早めに歯科医で診察。治療を受けましょう。

■そのほかの症状
ものをかむと痛みが生じる、発音がハッキリしない、自分の歯がぐらぐらする、など治療後半年経つと色々な症状がでる可能性もあります。
インプラントには歯の中に神経がないため、炎症が起きても自分ではわからないことが多いので、必ず定期検診を受けましょう。そうすることで、インプラントを長持ちさせることができます。

インプラント手術の痛みや術後に不安がある方、いかがでしたか?
不安や恐怖をなくして手術を受けられる方法はあるので、歯医者さんを信頼してきちんと納得して手術を受けることをおすすめします。術後もちょっとした心がけと定期検診で、痛みを軽減し、長く快適にインプラントを保つことができます。
インプラント治療で、健康な食生活を取り戻しましょう。

さまざまなアクセス方法で、遠方
からもお越しいただいています。

電車でお越しの方
名古屋のJRあおなみ線 「名古屋 中島」駅から徒歩3分
お車でお越しの方
1号線沿い、ラウンドワン横
駐車場は10台完備しております
バスでお越しの方
【名古屋 六番町方面からバスで来院される方】
名古屋の市バス・幹神宮2の「市立工業高校」で降りた正面になります。
【庄内川方面からバスで来院される方】
名古屋の市バス・幹神宮2の「名古屋 中島駅」で降りてください。

松年歯科クリニック外観

インプラント治療サイト 松年歯科クリニック

〒454-0852
愛知県名古屋市中川区昭和橋通4-18
[アクセスMAP]

ご予約・お問い合わせはお電話ください
052-661-0504
受付時間
09:30~13:00 × ×
14:30~18:30 × × ×
14:30~18:00 × × × × × ×
  • 午前…9:30~13:00 / 午後…14:30~18:30
  • [休診日] 水曜・日曜・祝祭日

pagetop

無料メール相談