〒454-0852 愛知県名古屋市中川区
昭和橋通4-18 [アクセスMAP]

ご予約・お問い合わせはお電話ください

052-661-0504 初診WEB予約

受付時間
09:30~13:00 × ×
14:30~18:30 × × ×
14:30~18:00 × × × × × ×

休診日:水曜・日曜・祝祭日

院長による定期的な治療紹介

院長による定期的な症例紹介


 
  • 上下顎左右にインプラントを埋入した症例

    DSC_3448 ➔ DSC_0368

    DSC_34532 ➔ DSC_037422

    DSC_3455 ➔ DSC_4450
    この患者様は、左上に歯がなく右側ばかりで咬んでいたため、右側の歯が痛くなり、更に前歯までおかしくなってきたので、ついに当医院を受診されました。
    受診された当初は、お仕事が忙しく時間もあまりとれないようで、「とりあえず痛い所を治療して、入れ歯を入れてください。」とのことでしたので、痛みのある歯を的確に治療して、出来るだけ早く入れ歯を入れていきました。
    そうしたところ、「入れ歯では違和感が強く、仕事上、集中力が散漫になるのは困る」と訴えられたので、食事の時だけ入れ歯を装着して行くことにして、一旦経過を見ていくことにしました。
    しかし、後日「食事をもっとおいしく取りたい」と仰られたので、インプラント治療の話をしたところ、「是非、治療したい」と快諾を頂いたので、インプラントを行っていくことになりました。

    佐藤パントモ ➔ 9073_2235000
    治療は、右下に1本インプラントを埋入した後に、左上に2本インプラントを埋入していきました。
    どちらの治療も、少し骨が足りなかったので、インプラント埋入と同時に骨を作っていきました。
    患者様は、とにかくお仕事が忙しい方でしたので、腫れが出て仕事に影響しないか心配でしたが、少し腫れた程度で、さほど仕事に影響もでず、インプラント治療を終えることができました。
    治療後、患者様から「あの時、頑張ってインプラントにして本当に良かった」と言っていただけました。
    これからも、このようなお言葉を頂けるように、日々インプラント治療のレベルアップに邁進していきたいと思います。

  • 下顎左側にインプラントを埋入した症例

    DSC_3828 ➔ DSC_8601
    この患者様は、左側の歯が長期間なかったため、右側の歯が痛くなり来院されました。
    患者様とお話をした所、左側の歯の無い部分は「インプラントは怖いし、入れ歯は違和感があって嫌だ」ということでしたので、先ずは痛みのある右側から治療を進めていくことにしました。
    初診時に、患者様から「歯科治療が苦手で少し怖い」とのお申し出があったので、できるだけ痛みの出ないように慎重に治療を進めていきました。
    そして、右側の治療が終わった頃に、改めて左側の歯の無い部分の治療を相談したところ、患者様から「これくらいの感じで治療ができるならインプラントをしたい」と仰っていただいたので、インプラント治療をすることにしました。

    10711_9365000 ➔ 10711_5222000
    今回の左下のインプラント予定部位には骨が十分にあったので、インプラント治療は麻酔の時間を除くと1時間位で終わり、術後の腫れや痛みもなく、経過も順調でした。
    インプラントの歯が入った後に、患者様から「以前は入れ歯を入れていて事もあったのですが、その違和感から入れることを止めてしまい、食事にとても苦労していたので、インプラントにして本当に良かった」と、感謝のお言葉を頂きました。
    今後もこのようなお言葉を頂けるように、少しでも患者様の手助けになるようなインプラント治療を行っていけるように、日々精進して行きます。

  • 前歯にインプラントを埋入した症例

     

    DSC_5973
    この患者様は、犬歯が大人の歯にならずに、乳歯の状態で今まで過ごされていましたが、ついに乳歯が割れてしまったので、今回当医院に来院されました。
    この乳歯には根がほとんどなく、すぐに抜けてしまう状態だったのと、両隣の歯が健康な歯だったので、患者様との話し合いの結果、今回はインプラントで治療することになりました。

    DSC_4754
    割れてしまった乳歯を抜歯し、すぐに仮歯を張り付けました。
    この際、両隣の歯は削らずに、ボンドで止めておきました。

    DSC_7632    DSC_7625
    土台を入れたところですが、チタンの金属色が透けて歯茎が黒くなる事を防ぐために、土台の立ち上がりの所からジルコニアで覆い、白くしてあります。

    DSC_7646   
    インプラントが完成しました。
    患者様からは、見た目の問題が解決されたことと、食事をおいしく取れるようになったことを、大変喜んでいただけました。 

    10324_4882000  ➡  10324_5574000

  • 下顎左右6・7番にインプラントを埋入した症例

    7954_7673000

    この患者さんは、右側(患者さんから見て)の奥歯のブリッジが延長ブリッジのため、力がかかりすぎ、痛みが出てきたために来院されました。
    そして、ブリッジを外して見てみると、6番目の歯にひびが入って割れていたので、患者さんと話し合って、抜歯をしていくことにしました。
    そして、抜歯をして3カ月待った後に、インプラントの埋入手術をしました。

    7954_3750000

    3ヶ月待って、右側のインプラントに被せ物を入れました。
    しばらくの間、『良く咬める』との報告を受けていたので安心していたのですが、ある時患者さんから左側の歯の調子がおかしいとの報告を受けました。
    左側の6番目の歯は、以前から根分岐部病変で歯周病が進行していたので、注意はしていたのですが、今回被せ物を除去したところ、右側の歯と同様に歯にひびが入って割れていたので、抜歯することになりました。

    7954_4271000

    抜歯から3か月後に左側のインプラントに、被せ物を入れました。
    患者さんからは、『インプラントになり、奥歯が腫れたり、硬い物を咬んだ時に痛みがはしることもないので、とても快適です。』との言葉を頂き、大変満足していただきました。
    現在は、奥歯が咬めるようになったので、前歯の虫歯の治療をしています。

  • 左右の下の歯にインプラントを埋入した症例

    DSC_0062 ➔ DSC_1909

    DSC_0070 ➔ DSC_1927  

    DSC_0064 ➔ DSC_1915

    DSC_0066 ➔ DSC_1919

     ➔ 7611_4303000

    この患者さんは、両奥の歯がグラグラして咬めないことを主訴に来院されました。
    両方の奥歯が咬めないので、前歯で咬んでいたため、左上の2番目の歯に力がかかってしまい、初診の時点で割れていました。
    患者さんとの話し合いの結果、治療方針は、まず痛みのある歯の処置や、大きな虫歯の仮詰めや、崩壊している歯を仮歯にして、何とか咬めるところまで持っていき、その後、痛みの出ている右下の歯を抜歯して、インプラントを入れ、右側で咬めるようになったら、左の歯を抜歯して、インプラントを入れ、左右で咬めるようになったら、前歯の治療をしていくことにしました。
    患者さんは、男性のため顎の骨がしっかりしていたので、インプラントのオペは両方とも比較的早く終わり、治療期間が大幅に短縮されました。通常、骨を造ると6カ月はかかりますが、今回は3カ月で済みました
    また、患者さんは、車で40分以上かかるところから、時間に都合をつけて通院してもらっていたので、治療が終わった時の患者さんと私たちの喜びは大変大きなものでした。お互いが頑張って治療に望むと、大きく崩壊していた口腔内も、必ず綺麗に治り、治療も成功します。
    今後も努力を怠らずに、さらに精度の高い治療を行っていきます。

さまざまなアクセス方法で、遠方
からもお越しいただいています。

電車でお越しの方
名古屋のJRあおなみ線 「名古屋 中島」駅から徒歩3分
お車でお越しの方
1号線沿い、ラウンドワン横
駐車場は10台完備しております
バスでお越しの方
【名古屋 六番町方面からバスで来院される方】
名古屋の市バス・幹神宮2の「市立工業高校」で降りた正面になります。
【庄内川方面からバスで来院される方】
名古屋の市バス・幹神宮2の「名古屋 中島駅」で降りてください。

松年歯科クリニック外観

インプラント治療サイト 松年歯科クリニック

〒454-0852
愛知県名古屋市中川区昭和橋通4-18
[アクセスMAP]

ご予約・お問い合わせはお電話ください
052-661-0504
受付時間
09:30~13:00 × ×
14:30~18:30 × × ×
14:30~18:00 × × × × × ×
  • 午前…9:30~13:00 / 午後…14:30~18:30
  • [休診日] 水曜・日曜・祝祭日

pagetop

無料メール相談