〒454-0852 愛知県名古屋市中川区
昭和橋通4-18 [アクセスMAP]

ご予約・お問い合わせはお電話ください

052-661-0504 初診WEB予約

受付時間
09:30~13:00 × ×
14:30~18:30 × × ×
14:30~18:00 × × × × × ×

休診日:水曜・日曜・祝祭日

失敗しないインプラント治療の選び方

失敗しないインプラント治療の選び方HOW TO CHOOSE

当院のインプラントサイトをご覧になってくださり、ありがとうございます。
このページでは、患者様に心から納得のいく治療を選択していただきたいと思い「失敗しないインプラント治療の選び方」についてお伝えさせていただきます。

早速ですが、皆様はどのような基準でインプラント治療を受ける医院を選んでいますか?

よくよく考えてみていただきたいのですが、おそらくほとんどの方が

Ⅰ.安全性

Ⅱ.費用

を基準にされていると思います。

しかし、この安全性と価格の判断基準が何とも難しいと思っています。
なぜなら、「費用」については、「安ければ安いほど良いよね!」と思われる方が多いと思いますが、安すぎるのもまた怖いなと思ってしまうのも事実かと思います。
また、「費用」は数字ですぐに判断ができるので、とても分かりやすいのですが、「安全性」については、どのように判断したら良いかがなかなか難しいです。

失敗しないインプラント治療の選び方

先日、こんなことがありました。東京の友人にどこの歯科医院でインプラント治療を受けたら良いかと相談されました。
この質問は結構悩みます。
なぜなら、私でさえ限られた情報量の中では、どの医院さんが良いのかの判断が難しいからです。インプラント専用のホームページもたくさんありますが、それだけで判断しようと思うと結構難しいものです。
ほとんどすべての方が「安全性」を一番に置いていると思うのですが、ホームページを見ても「ここは安全そうだ」くらいの判断しかできないと思うのです。

ですので、今から私が考える「安全性」を具体的にしたものをお伝えします。

症例数

まずは症例数についてです。当たり前の話ですが、インプラント治療の症例数が多ければ多いほど外科手術に慣れていると考えて良いでしょう。具体的には500症例以上の経験があればある程度安心して任せられる技術があるとみています。また、どれほどインプラントの技術研鑽のための勉強会に参加しているかも判断材料の一つになります。
勉強会の参加実績はウェブサイトに記載されているケースが多いので、確認は可能な場合がありますが、症例実績についてはカウンセリングの際に聞いてみる必要があります。

ちなみに当医院ではインプラント治療の技術習得のために、インプラント治療を始めてから10年間以上が経ちますが、その間、日本口腔インプラント学会や、顎咬合学会などの主要な学会をはじめ、様々な講習会に、スタッフ全員で参加しています。もちろん症例数も300件を超えています。

使用するインプラントのメーカー

インプラントメーカーには数百以上の種類があるため、ここは慎重に選ぶ必要があります。特に世界で80%以上のシェアを占める4大メーカーである
(1)ストローマン
(2)アストラテック
(3)ジンマー
(4)ノーベル
の4つのメーカーを使用していることは一つの判断材料になります。

なぜこれらのメーカーを使用していると良いのかといえば、端的に淘汰されてしまう可能性が他社よりも圧倒的に低いからです。既出の通り、世界で80%以上を占めるメーカーですから、その他の数百以上のメーカーは残りの20%弱のシェアを取り合っているということになります。現在はインプラントの需要が一時期よりも落ちていますから、当然これらの会社が前者の会社に淘汰されていく可能性もあります。
会社自体がなくなってしまうと何が怖いかといえば、術後数年後に何かトラブルが発生したときに、アフターフォローが難しくなってしまうことがあることです。以前に患者様から、インプラント治療の術後トラブルのフォローをしてほしいと頼まれたことがあります。聞くと5年前に16万でインプラント治療を行ったということで、早速そのインプラントメーカー問い合わせました。しかし既にそのインプラントのメーカーはなくなっており、フォローができない…ということもありました。

当院で使用しているメーカーは4大メーカの一つ「アストラテック」ですが、当然のように価格が高いので、インプラントの費用も掛かってきますが、世界で最も素晴らしいインプラントの一つですので、安全面や長期的な予後を考えると、他のメーカーに変えることができません。

インプラント専用の外科室

インプラント専用の外科室

なぜインプラント治療を専用の外科室で行う必要があるのでしょうか。
想像してみてください。たとえば全身麻酔で行うような医科の外科手術を行うときに隣でレーシックの治療、歯科治療、風邪の診断(内科)を同時には行いませんよね。極端な例ではありますが、インプラント治療も立派な外科治療です。つまり、完全に個室で、可能な限り清潔な場所で行うに越したことはないのです。
インプラントのための個室を用意していないクリニックでのインプラント治療は、多少リスクがあると考えて良いでしょう。その部分もしっかりとみる必要があります。

介助につくスタッフ数

介助につくスタッフ数

近年、歯科医療の現場でタービンの使い回しなどの問題が出ているのはご存知の通りかと思います。世の中の7割の歯科医院がタービンの使い回しをしているという読売新聞の記事で明らかになったことです。この使い回しをすると何がまずいのかと申し上げますと、可能性は低いものの、病気に感染する可能性があるということです。
そしてまた、それを回避するためには、タービンを滅菌するためのスタッフが必要になってきます。
それでは、インプラントの介助の人数については何が問題なのでしょうか。
それは、タービンの問題と同じく、しっかりと滅菌された状態、器具で治療を行うためには、術者を含めて3人のスタッフが必要になってきます。
まず当たり前ですが、インプラント治療の術者は完全に滅菌された手術着を着用します。そして、術者をアシストする助手も完全に滅菌された状態の手術着を着用しています。ここで外から持ち込まれた封のされた滅菌器具を空けるアシスタントが必要になります。当然、滅菌器具の入った袋自体は外気に触れたものですので、それを触るということはそのアシスタント自体は完全滅菌ではないため、術者のアシストをすることはできません。
このようにインプラント治療を安全に行おうと思うと、最低術者を含めて3人必要ということになります。
真剣にインプラント治療を行おうとすると、それなりの人数でインプラントの手術をしなくてはいけません。そのため、事前に何人で手術にあたるのかを聞くことをお勧めします。

手術中の体調を管理するモニタリング

インプラント手術では、モニタリングといって、手術を受けている患者様に生体モニターをセットして逐一患者様の健康状態をみながら手術を進めることがとても大切なことになります。
この生体モニターを設置すると、手術中に緊張して心臓がドキドキしてきたり、息苦しくなってきたりすると、モニターに反応がでるので、体調が落ち着くまで休憩して様子をみたり、麻酔や酸素を投与したりすることができるので、トラブルに発展するような事態を未然に防ぐことができます。
もし、生体モニターをセットせずにインプラント治療を行うということであれば、有事の際に対応が遅れるといったリスクがあると考えて良いでしょう。

最後に、私の父は現在も開業医として入れ歯の治療で第一線に立ち、今でもその道を究めようと研鑽しています。そんな父の背中を見て育ったからこそ、私も40歳を過ぎた今、これまで以上に技術の研鑽を積み、自身の志した歯科医師としての道を究めたいと思っています。そして、一人でも多くの患者様に笑顔で「治療をして良かった」と言ってもらえるよう、これからも志した道を歩んでいきたいと考えています。

最後までお付き合いいただきありがとうございます。

院長 高田龍彦

さまざまなアクセス方法で、遠方
からもお越しいただいています。

電車でお越しの方
名古屋のJRあおなみ線 「名古屋 中島」駅から徒歩3分
お車でお越しの方
1号線沿い、ラウンドワン横
駐車場は10台完備しております
バスでお越しの方
【名古屋 六番町方面からバスで来院される方】
名古屋の市バス・幹神宮2の「市立工業高校」で降りた正面になります。
【庄内川方面からバスで来院される方】
名古屋の市バス・幹神宮2の「名古屋 中島駅」で降りてください。

松年歯科クリニック外観

インプラント治療サイト 松年歯科クリニック

〒454-0852
愛知県名古屋市中川区昭和橋通4-18
[アクセスMAP]

ご予約・お問い合わせはお電話ください
052-661-0504
受付時間
09:30~13:00 × ×
14:30~18:30 × × ×
14:30~18:00 × × × × × ×
  • 午前…9:30~13:00 / 午後…14:30~18:30
  • [休診日] 水曜・日曜・祝祭日

pagetop

無料メール相談