〒454-0852 愛知県名古屋市中川区
昭和橋通4-18 [アクセスMAP]

ご予約・お問い合わせはお電話ください

052-661-0504 初診WEB予約

受付時間
09:30~13:00 × ×
14:30~18:30 × × ×
14:30~18:00 × × × × × ×

休診日:水曜・日曜・祝祭日

骨が少ないと診断された方へ

骨が少ないと診断された方へTO ONE WITH A FEW BONES

骨が少なくてもインプラントはできます

インプラントの治療を行う時には、必ず骨量が十分に足りているかどうかを確認します。 もしそこで足りないと診断された場合でも、諦める必要はありません。実は、さまざまな方法で骨量を増やして、 インプラント治療を行うことができるのです。ここでも主に三つの方法を紹介します。

ソケットリフトとサイナスリフト

まず紹介するのは、ソケットリフトとサイナスリフトです。カタカナで書くと分かりにくいのですが、日本語では「上顎洞低拳上術」と呼びます。
実は上あごの奥歯の上には、上顎洞と呼ばれる空洞があります。そしてここで骨の厚みを制限しております。 もし歯を失った箇所の骨の量が不足している場合は、上顎洞に骨を移植して、骨量を増やすことができるのです。そうすることでインプラント治療が可能になります。

骨再生誘導法

こちらも聞きなれない言葉かと思いますが、英語ではGBR法と呼ばれております。組織の再生を促す膜を、 骨が欠損している部分に適用させて、骨そのものを再生させてしまうという方法です。

これにより、不足していた骨量を補うことができ、インプラント治療ができるようになるのです。

傾斜埋入法

インプラント手術で最も気を付けなければならないのが、神経を傷付けないようにすることです。 下顎の奥歯の下にある骨の中には神経が走っており、もしここを傷つけてしまうと、下唇の間隔が麻痺してしまうため、 細心の注意を払わなければなりません。
そして、神経の上にある骨量が不足していると、オトガイ孔より前の位置にしかインプラントの挿入ができません。 その場合は、オトガイ孔より前にインプラントを入ます。

どの方法でインプラントを行うのかは、実際に治療を始めて、その人に合わせて決めていきます。

さまざまなアクセス方法で、遠方
からもお越しいただいています。

電車でお越しの方
名古屋のJRあおなみ線 「名古屋 中島」駅から徒歩3分
お車でお越しの方
1号線沿い、ラウンドワン横
駐車場は10台完備しております
バスでお越しの方
【名古屋 六番町方面からバスで来院される方】
名古屋の市バス・幹神宮2の「市立工業高校」で降りた正面になります。
【庄内川方面からバスで来院される方】
名古屋の市バス・幹神宮2の「名古屋 中島駅」で降りてください。

松年歯科クリニック外観

インプラント治療サイト 松年歯科クリニック

〒454-0852
愛知県名古屋市中川区昭和橋通4-18
[アクセスMAP]

ご予約・お問い合わせはお電話ください
052-661-0504
受付時間
09:30~13:00 × ×
14:30~18:30 × × ×
14:30~18:00 × × × × × ×
  • 午前…9:30~13:00 / 午後…14:30~18:30
  • [休診日] 水曜・日曜・祝祭日

pagetop

無料メール相談