〒454-0852 愛知県名古屋市中川区
昭和橋通4-18 [アクセスMAP]

ご予約・お問い合わせはお電話ください

052-661-0504 初診WEB予約

受付時間
09:30~13:00 × ×
14:30~18:30 × × ×
14:30~18:00 × × × × × ×

休診日:水曜・日曜・祝祭日

インプラントオーバーデンチャーとは

インプラントコラム

インプラントオーバーデンチャーとは

患者様が歯周病や虫歯などの歯の疾患、そして加齢や不慮の事故などで歯を失ってしまった場合には、名古屋のインプラント専門の歯科医院でのインプラントオーバーデンチャーをぜひおすすめします。

名古屋のインプラント専門の歯科医院で実施しているインプラントオーバーデンチャーとは、従来の義歯治療である総入れ歯治療や多数のインプラントを埋め込むインプラント治療に比べて、名古屋のインプラント専門の歯科医院で埋め入れを行うインプラントの本数が最小で上下のあごを合わせても4本、最大でも上下のあごで8本のインプラントで済む、というメリットがあります。

今回は、名古屋のインプラント専門の歯科医院で行っている「インプラントオーバーデンチャー」について詳しく解説をさせていただきます。

■インプラントオーバーデンチャーとは

名古屋のインプラント専門の歯科医院で行っているインプラントオーバーデンチャーとは、治療を受ける患者様のあごの骨に2本ないしは4本のインプラント体を埋め込み、そのインプラント体であるフィクスチャーを支柱として総入れ歯を金具や磁石で接続する「インプラント」と「入れ歯」を併用する治療法の一つです。

最小で上下のあごを合わせて4本、最大でも8本のインプラントの埋め入れで済むインプラントオーバーデンチャーは、名古屋のインプラント専門の歯科医院でも人気の義歯治療として多くの患者様がこれまでに名古屋のインプラント専門の歯科医院でのインプラントオーバーデンチャー治療をお受けになられています。

■インプラントオーバーデンチャーの固定方式について

名古屋のインプラント専門の歯科医院で実施しているインプラントオーバーデンチャーについては、主に3つの固定方式を採用しています。

一つ目の固定方式はボール式と呼ばれる固定方式で、文字通りボール状の丸い金具をあごの骨に埋め入れるインプラント側に取り付けます。

次に、総入れ歯にインプラント側のボールの形状にぴったりと合う穴を作成し、その穴とインプラント側のボールを接続させて入れ歯を固定する方式となります。

二つ目の固定方式はバー式と呼ばれる固定方式で、橋のような形状の金具を総入れ歯側に接続し、インプラント側にはホックのような金具を接続して総入れ歯をホックをかけるようにして固定します。

三つ目の固定方式は磁石式の固定方式で、あごの骨に埋め入れたインプラント側に磁石を装着し、総入れ歯側には磁石をひきよせる金属を接続して総入れ歯を固定します。

さまざまなアクセス方法で、遠方
からもお越しいただいています。

電車でお越しの方
名古屋のJRあおなみ線 「名古屋 中島」駅から徒歩3分
お車でお越しの方
1号線沿い、ラウンドワン横
駐車場は10台完備しております
バスでお越しの方
【名古屋 六番町方面からバスで来院される方】
名古屋の市バス・幹神宮2の「市立工業高校」で降りた正面になります。
【庄内川方面からバスで来院される方】
名古屋の市バス・幹神宮2の「名古屋 中島駅」で降りてください。

松年歯科クリニック外観

インプラント治療サイト 松年歯科クリニック

〒454-0852
愛知県名古屋市中川区昭和橋通4-18
[アクセスMAP]

ご予約・お問い合わせはお電話ください
052-661-0504
受付時間
09:30~13:00 × ×
14:30~18:30 × × ×
14:30~18:00 × × × × × ×
  • 午前…9:30~13:00 / 午後…14:30~18:30
  • [休診日] 水曜・日曜・祝祭日

pagetop

無料メール相談