〒454-0852 愛知県名古屋市中川区
昭和橋通4-18 [アクセスMAP]

ご予約・お問い合わせはお電話ください

052-661-0504 初診WEB予約

受付時間
09:30~13:00 × ×
14:30~18:30 × × ×
14:30~18:00 × × × × × ×

休診日:水曜・日曜・祝祭日

一回法と二回法の違い

インプラントコラム

一回法と二回法の違い

名古屋市内でも人気のインプラントが出来る歯医者さんは、日夜最新技術をや設備を進めて来ています。
腕のある歯医者さんが名古屋にはたくさん居ますから、東京などと比べてみてもあまり違わないテクニックを持っていますね。
インプラントは画期的な手法ですが、やはり施術者のテクニックも伴っていなければなりません。
名古屋または市郊外にも多くのクリニックがあって、歯医者さん選びには迷ってしまうほどですね。
インプラント治療は体系化されていて、内容の充実さから複雑に思えますが実はやり方には大きく分けて二つしかありません。
その二つとは「一回法」と「二回法」のことを差します。
見ても分かる通り、回数の違いというわけですが一回法では一回の手術で完了してしまうのです。
まったくインプラントを知らない人が聞くと、「一回は分かるけど二回するのは何だろう?」と思われるかもしれませんね。
都会である名古屋でも、この治療法が定着し始めたのは他の地域と同じように割と近年のことですから無理もありません。
埋め込む人口物を部位ごとに見てみると、二つのパーツから成っていることが分かります。
下の方にあるのが「人工歯根」で、つまり骨と歯を繋ぐ大事な場所となります。
インプラントは日本語では人工歯根とも言い換えられますからね。
歯は顎の骨としっかりとくっついているので、通常の入れ歯ですと元からある歯根に乗っけて治療していることになります。
場合によっては、事故で歯根を傷付けてしまったり重度の虫歯で根元からダメになる場合もあることでしょう。
名古屋の歯科でも事故で歯が欠損した人に、よく歯根の治療が行われています。
ですから、人によっては人工歯根を利用しなければならないこともあるわけです。
インプラント治療では、この根本をしっかり固定することにかなり注視しています。
一回で終わらないことがあるのは、最初の手術では人工の歯根「だけ」を取り付けているのです。
上の部分つまり「義歯」を一緒に取り付けない時もある理由は、人によっては歯根の固定が難しい場合があるからです。
取り付けるのは顎の骨ですから、ずっしりとした骨で無いと固定に手間取ります。
そのような人のために一回目で固定されたのを見計らってから、二回目で義歯を取り付けることをしています。
つまり二回法は顎の骨に歯根を取り付けにくい場合の人のためにあるインプラント手法というわけです。
名古屋では一回法も二回法もよくされていますから安心ですね。
名古屋近辺にお住まいの方でしたら、インプラント治療に定評がある「松年歯科クリニック」は丁寧ですし信頼出来ます。
車でのアクセスも良いですし、電車だと駅からも近いので便利だと思われます。
名古屋市から離れた地域の人でも通ってみる価値はあると思いますよ。

さまざまなアクセス方法で、遠方
からもお越しいただいています。

電車でお越しの方
名古屋のJRあおなみ線 「名古屋 中島」駅から徒歩3分
お車でお越しの方
1号線沿い、ラウンドワン横
駐車場は10台完備しております
バスでお越しの方
【名古屋 六番町方面からバスで来院される方】
名古屋の市バス・幹神宮2の「市立工業高校」で降りた正面になります。
【庄内川方面からバスで来院される方】
名古屋の市バス・幹神宮2の「名古屋 中島駅」で降りてください。

松年歯科クリニック外観

インプラント治療サイト 松年歯科クリニック

〒454-0852
愛知県名古屋市中川区昭和橋通4-18
[アクセスMAP]

ご予約・お問い合わせはお電話ください
052-661-0504
受付時間
09:30~13:00 × ×
14:30~18:30 × × ×
14:30~18:00 × × × × × ×
  • 午前…9:30~13:00 / 午後…14:30~18:30
  • [休診日] 水曜・日曜・祝祭日

pagetop

無料メール相談