〒454-0852 愛知県名古屋市中川区
昭和橋通4-18 [アクセスMAP]

ご予約・お問い合わせはお電話ください

052-661-0504 初診WEB予約

受付時間
09:30~13:00 × ×
14:30~18:30 × × ×
14:30~18:00 × × × × × ×

休診日:水曜・日曜・祝祭日

インプラントと噛み合わせについて

インプラントコラム

インプラントと噛み合わせについて

歯を失ってしまった時には、それまで歯があった場所に歯が無くなる訳ですから、
当然噛みあわせは歯があった時よりも悪くなってしまいます。

 

その時はどうもなくても、時間がたてば必ず嚙み合わせが悪くなってきます。
歯というのは互いに支えあっているところがあるので、その支えがある日無くなってしまうのですから、
少しずつ傾いてくるのです。名古屋の歯科医にも歯が抜けた後、放置していて噛み合わせが悪くなって、
なんとかしてほしいという患者さんが来ます。

 

よく、歯は一本ぐらい抜けてしまっても大丈夫だろうと思う人がを見かけますが、それは間違いです。
部分的に歯を失った場合に、なにもせずそのままの状態で放置してしまった時には、
時間が経つにつれて徐々に咬みあわせが狂ってきたり、歯並び全体がおかしくなってきます。
これは自然な事柄て言えるでしょう。

 

たとえば下あごの歯が抜けた場合、上の歯が少しずつ出てきてしまいます。
歯というものは上下の歯がしっかりと噛み合わさることで、バランスが取れています。
そして、上あごの抜けた後のところに。、隣の歯が倒れ掛かってきます。これは治療が非常に面倒です。
そして最悪の場合、 反対側の歯が悪くなるということが起きます。
口の中では、片方の歯が噛みづらくなると、その反対側で噛むようになるので、全体のバランスを悪くなり、
使い過ぎで反対側の歯が悪くなるのです。このような状況を解消するにはぬけた歯の代わりをいれてやる必要があります。

 

インプラント治療は、何らかの理由で歯を失ってしまった場合でも残っている他の歯を保護しながら、
咬みあわせ、そして歯並びのバランスを保ちながら、患者さんが日々をおくれる治療法です。

 

一般的には、歯を失ってしまった場合には、無くしてしまった歯が部分的であればブリッジ、
失った歯が多い場合には入れ歯などでも対応する事が出来ますが、
咬みあわせのことを考えるとインプラント治療が最適の治療法でしょう。

 

名古屋は歯科医療先進地区で、全行的にもインプラント治療法が取り入れられています。
名古屋の松年歯科クリニック等のインプラント治療法の実績のある歯科医では、
咬みあわせで悩んでいる患者さんにはインプラント治療法を紹介することを行っています。
ブリッジの場合、健康な歯を削らなければならないし、削った箇所の境目から虫歯になってしまい、
健康だった歯が悪化してしまうことがあります。
入れ歯の場合、まず、どうしても、違和感があります。 補う本数が多ければ多いほど、極端にそれが現れます。
入れる両サイドの歯にバネのようなものをかけて、入れ歯そのものを固定します。
バネをかけられてしまった部分はいずれダメになってしまう可能性があるのです。

 

これらの、面倒な事象はインプラント治療は一切なく、いれた歯は完全独立して顎の骨に一体化するので咬みあわせで悩むこともないからです。

さまざまなアクセス方法で、遠方
からもお越しいただいています。

電車でお越しの方
名古屋のJRあおなみ線 「名古屋 中島」駅から徒歩3分
お車でお越しの方
1号線沿い、ラウンドワン横
駐車場は10台完備しております
バスでお越しの方
【名古屋 六番町方面からバスで来院される方】
名古屋の市バス・幹神宮2の「市立工業高校」で降りた正面になります。
【庄内川方面からバスで来院される方】
名古屋の市バス・幹神宮2の「名古屋 中島駅」で降りてください。

松年歯科クリニック外観

インプラント治療サイト 松年歯科クリニック

〒454-0852
愛知県名古屋市中川区昭和橋通4-18
[アクセスMAP]

ご予約・お問い合わせはお電話ください
052-661-0504
受付時間
09:30~13:00 × ×
14:30~18:30 × × ×
14:30~18:00 × × × × × ×
  • 午前…9:30~13:00 / 午後…14:30~18:30
  • [休診日] 水曜・日曜・祝祭日

pagetop

無料メール相談