〒454-0852 愛知県名古屋市中川区
昭和橋通4-18 [アクセスMAP]

ご予約・お問い合わせはお電話ください

052-661-0504 初診WEB予約

受付時間
09:30~13:00 × ×
14:30~18:30 × × ×
14:30~18:00 × × × × × ×

休診日:水曜・日曜・祝祭日

歯を失ったままでいることのデメリットとは?

インプラントコラム

歯を失ったままでいることのデメリットとは?

歯を失ったまま生活する人がいます。特に奥歯などは目立つ場所に生えていないために、抜けてしまっても見栄えに問題はないと感じ、そのままにしている人が大勢います。しかしこうした状況は、様々なデメリットを生じさせます。それゆえに名古屋の歯科医は歯を失った人に対して、強い噛む力を維持できるインプラント治療を勧めているのです。まず名古屋の歯科医はインプラント治療を行わずに歯のない状態を保っていることで、健康に害が及ぶことを説明します。歯の大切な役割はものを噛むことです。もちろん胃腸にはものを消化する能力が備わっているために、食べ物を噛まずに飲み込んでも消化できます。

 

しかし歯を使ってものを細かくかみ砕くことで、消化が促されます。逆にものを噛まずに食べると十分な消化が行われず、栄養摂取が滞ってしまうのです。名古屋の歯科医は栄養失調に陥っている人たちの診察時に、まずは歯の欠損がないかをチェックします。そして欠損がある人に対しては、インプラント治療の大切さを説明するのです。もちろん名古屋の歯科医は、この治療を無理やり患者に進めることはしません。インプラント治療の他にも、治療コストの安い入れ歯やブリッジといった治療あり、こうしたチョイスに関しても説明されますので、治療コストの高いインプラント治療を強要されるのではないかという心配は無用です。

 

歯を失ったままにしていると、顎のバランスが崩れてしまいます。このようなことが生じるとどのような危険に直面するかに関しても名古屋の歯科医から説明があります。まず、顎のバランスが崩れると顎の形が変形してしまいます。これは顎関節症などを招くことになり、ひどくなると高額の治療費が必要となります。名古屋の歯科医はこの点を述べ、インプラントをはじめとする欠損した歯の治療を行うよう、患者に勧めます。またひどい顎関節症にまで至らなくても、顎のバランスが崩れることで頭痛や吐き気が生じることがあります。歯の治療を行いながら、体調不良を訴える患者に対して、名古屋の歯科医は顎のバランスの崩れを真っ先に疑います。歯を欠損していない人たちの間でもこうしたことが起こり得るのですから、歯の欠損が及ぼす顎への影響がいかに大きいかが理解できます。
またインプラント治療や入れ歯の治療を行わず、歯の欠損を放っておくと、嚙合わせるはずの歯が不必要に伸びてしまうことがあります。このようなことも顎のバランスを崩し、場合によっては見栄えに大きく影響します。このように歯の欠損をそのままにしておくと、様々なデメリットが生じてしまいます。それゆえに名古屋の歯科医は患者にインプラント治療を勧めているのです。

さまざまなアクセス方法で、遠方
からもお越しいただいています。

電車でお越しの方
名古屋のJRあおなみ線 「名古屋 中島」駅から徒歩3分
お車でお越しの方
1号線沿い、ラウンドワン横
駐車場は10台完備しております
バスでお越しの方
【名古屋 六番町方面からバスで来院される方】
名古屋の市バス・幹神宮2の「市立工業高校」で降りた正面になります。
【庄内川方面からバスで来院される方】
名古屋の市バス・幹神宮2の「名古屋 中島駅」で降りてください。

松年歯科クリニック外観

インプラント治療サイト 松年歯科クリニック

〒454-0852
愛知県名古屋市中川区昭和橋通4-18
[アクセスMAP]

ご予約・お問い合わせはお電話ください
052-661-0504
受付時間
09:30~13:00 × ×
14:30~18:30 × × ×
14:30~18:00 × × × × × ×
  • 午前…9:30~13:00 / 午後…14:30~18:30
  • [休診日] 水曜・日曜・祝祭日

pagetop

無料メール相談