〒454-0852 愛知県名古屋市中川区
昭和橋通4-18 [アクセスMAP]

ご予約・お問い合わせはお電話ください

052-661-0504 初診WEB予約

受付時間
09:30~13:00 × ×
14:30~18:30 × × ×
14:30~18:00 × × × × × ×

休診日:水曜・日曜・祝祭日

GBR法とスプリットクレフト法の違い

インプラントコラム

GBR法とスプリットクレフト法の違い

GBR法とスプリットクレフト法の違いについては、
スプリットクレフト法は骨の厚みが足りない場合に用いられる治療法であるのに対して、
GBR法は骨量が足りない場合に用いられる方法であると名古屋でもいわれています。

 

スプリットクレフト法では、厚みの足りない骨を半分にし、その中にインプラント体を埋入させることで、
骨再生後はしっかりとした厚みを確保できるという方法です。
この方法はかなり特殊な方法で、大学病院などでは受け入れが可能となっていますが、
一般的には多くは治療されている方法ではないと名古屋でもいわれています。

 

それに対して、GBR法は新生骨造成のための方法で、
自身の骨と人工の骨補填剤を混ぜたものをメンブレンとよばれる特殊膜で覆い、骨造成を図る方法です。
数カ月後、骨芽細胞が集まり、新たな骨が形成されて、そこにインプラントの土台を埋め込んで固定して治療を進めます。

 

インプラントを安全に長く利用するためには充分な骨の量や厚みが必要なため、
どちらの方法もインプラント体埋入のための骨の量や厚みが十分でない時などに、
骨の厚みや量を確保するために用いられる骨造成法で、インプラントを行えるように顎骨の状態を整えていくことができます。

 

埋入体を固定するためには充分な骨量がある必要があり、骨量が十分ないと治療自体が受け付けてもらえない場合もあり、
名古屋にある松年歯科クリニックは顎骨の量が足りないことで、他院で治療を受けられなかった患者に対して、
様々な骨造成法の可能性などを検討して、インプラント手術を受けることができるように骨を増やすことができます。

 

GBR法とスプリットクレフト法のどちらの治療法が選択されるのかという点については、
患者自身の希望や顎状態や治療方針などによって異なってきますが、
一般的にはGBR法の方が患者の負担感も少ない方法として注目されている方法といえます。

 

名古屋の松年歯科クリニックではカウンセリングなどの際に、画像診断などを活用し、詳しい説明を受けることができます。
松年歯科クリニックはアクセスしやすい場所に合って、インプラント治療で定評も高い名古屋のクリニックです。
骨を増やすことが必要な場合は、インプラント治療で定評の高い名古屋の松年歯科クリニックを一度受診してみることもおすすめです。

さまざまなアクセス方法で、遠方
からもお越しいただいています。

電車でお越しの方
名古屋のJRあおなみ線 「名古屋 中島」駅から徒歩3分
お車でお越しの方
1号線沿い、ラウンドワン横
駐車場は10台完備しております
バスでお越しの方
【名古屋 六番町方面からバスで来院される方】
名古屋の市バス・幹神宮2の「市立工業高校」で降りた正面になります。
【庄内川方面からバスで来院される方】
名古屋の市バス・幹神宮2の「名古屋 中島駅」で降りてください。

松年歯科クリニック外観

インプラント治療サイト 松年歯科クリニック

〒454-0852
愛知県名古屋市中川区昭和橋通4-18
[アクセスMAP]

ご予約・お問い合わせはお電話ください
052-661-0504
受付時間
09:30~13:00 × ×
14:30~18:30 × × ×
14:30~18:00 × × × × × ×
  • 午前…9:30~13:00 / 午後…14:30~18:30
  • [休診日] 水曜・日曜・祝祭日

pagetop

無料メール相談