〒454-0852 愛知県名古屋市中川区
昭和橋通4-18 [アクセスMAP]

ご予約・お問い合わせはお電話ください

052-661-0504 初診WEB予約

受付時間
09:30~13:00 × ×
14:30~18:30 × × ×
14:30~18:00 × × × × × ×

休診日:水曜・日曜・祝祭日

GBRとスプリットクレフトはどっちがいいの?

インプラントコラム

GBRとスプリットクレフトはどっちがいいの?

GBRとスプリットクレフトのどちらがいいかとよいかという点については、それぞれの患者の顎骨の状態によって異なると考えられます。
名古屋でもスプリットクレフト法もGBR法もインプラント埋入のための骨の量や厚みが十分ない時に用いられる治療法です。

 

GBR法は骨量が足りない場合に用いられる骨量を増やすための方法です。
それに対してスプリットクレフトは骨の厚みが足りない場合に用いられる手法と考えられています。
この点がGBRとスプリットクレフトの大きな違いといわれており、
スプリットクレフトは上顎前歯の歯槽骨が4mmなくて、骨の厚みが足りない場合に
自身の骨を半分にすることで、その中にインプラントを埋入させることで固定を確保する方法です。
スプリットクレフト法では極端に薄くなった骨を半分に分割して、その隙間にインプラント体を埋入することですが、
非常に骨は薄いので割れやすくなっており、歯槽骨を破折しないよう細心の注意を払って手術を進めます。
そのため、高度な技術が必要となりますが、骨で両サイドからインプラントを包み込むことで、
骨の再生後にはしっかりとした厚みが確保できるというかなり特殊な手法といわれている方法です。 

 

これに対して、GBR法では新生骨の造成していくための治療が行われていきます。
患者の骨と人工骨補填剤を混ぜたものを特殊な膜で覆って、骨を増やしていきます。
数カ月後には骨芽細胞が集まって、新たな骨形成が進み、そこにインプラント体を埋め込むことで安定を確保します。

 

埋入体の埋入固定には十分な骨量が前提とされており、
骨量が十分でない場合は基本的には治療自体を受け付けてもらえないといわれています。
しかし、名古屋にある松年歯科クリニックでは顎骨量が足りずに、他院で治療ができなかった患者に対し、
様々な骨造成法の方法を検討して、インプラント手術を行えるよう尽力してもらえる技術力の高い古屋市の歯医者です。

 

骨造成にはGBRとスプリットクレフトのほかにもサイナスリフト法やソケットリフト法といった方法もあります。
また、欠損歯が多い場合に、これらの骨造成と組み合わせて、インプラントオーバーデンチャー法などの治療方法も選択肢できます。

名古屋の松年歯科クリニックは名古屋だけでなく名古屋周辺からも患者が通っている名古屋にある歯医者です。
名古屋の松年歯科クリニックでは様々な方法の中から、現在の患者の顎骨の状況や、
欠損歯の数などを総合的に踏まえた上で、治療計画を立てていきます。

さまざまなアクセス方法で、遠方
からもお越しいただいています。

電車でお越しの方
名古屋のJRあおなみ線 「名古屋 中島」駅から徒歩3分
お車でお越しの方
1号線沿い、ラウンドワン横
駐車場は10台完備しております
バスでお越しの方
【名古屋 六番町方面からバスで来院される方】
名古屋の市バス・幹神宮2の「市立工業高校」で降りた正面になります。
【庄内川方面からバスで来院される方】
名古屋の市バス・幹神宮2の「名古屋 中島駅」で降りてください。

松年歯科クリニック外観

インプラント治療サイト 松年歯科クリニック

〒454-0852
愛知県名古屋市中川区昭和橋通4-18
[アクセスMAP]

ご予約・お問い合わせはお電話ください
052-661-0504
受付時間
09:30~13:00 × ×
14:30~18:30 × × ×
14:30~18:00 × × × × × ×
  • 午前…9:30~13:00 / 午後…14:30~18:30
  • [休診日] 水曜・日曜・祝祭日

pagetop

無料メール相談