〒454-0852 愛知県名古屋市中川区
昭和橋通4-18 [アクセスMAP]

ご予約・お問い合わせはお電話ください

052-661-0504 初診WEB予約

受付時間
09:30~13:00 × ×
14:30~18:30 × × ×
14:30~18:00 × × × × × ×

休診日:水曜・日曜・祝祭日

チタンインプラントとHAインプラントの違いは?

インプラントコラム

チタンインプラントとHAインプラントの違いは?

埋入体はチタンインプラントとHAインプラントに大きく分類されます。これは表面形状の違いで分類されています。
埋入体表面形状がチタンだけで構成されているインプラント体はチタンインプラントとよばれます。
そして、骨に埋入させる部分の表面がHAコーティングされたものはHAインプラントと呼ばれます。
HAとはハイドロキシアパタイトのことで、HA埋入体は、
顎骨の中で骨と結合する性質が強いリン酸カルシウムコーティング加工がなされています。
この物質は歯や骨の構成成分としても生体内に存在している物質で、
ハイドロキシアパタイトは歯のエナメル質のほとんどを占めています。
また、象牙質の7割もこの成分で構成され、身近なところでは歯磨き粉の成分にも使われています。

 

従来のチタンインプラントは、どうしても本体と骨に僅かであるものの隙間が生じることで、
細菌感染が起こり炎症につながるというリスクがあることが名古屋の歯医者でも指摘されていましたが、
HAインプラントを用いた治療を行うと、この埋入体は骨との親和性がとても高く、
そのような隙間からの病原菌の侵入による課題がチタン製の埋入体に比べると改善されており優れた埋入体といわれています。
そのため、HAコーティング加工された埋入体は治療期間についても、チタン製の埋入体よりその点でメリットがあると名古屋でも考えられています。

 

例えば、アメリカのZIMMER社製から販売されているカルシティックHAインプラントは治療成功率が99.5%と、
ほぼ100%に近い非常に高い治療実績をもつHA埋入体です。
この会社の埋入体は世界中の歯科医で用いられており、
使用率や支持率が世界でもトップクラスでという定評の高い埋入体で、名古屋でも評判が高い製品です。

 

インプラント治療では、より安定したかみ合わせの確保が重視され、名古屋の歯医者でも治療は注目されている補綴治療法です。
この方法で治療すると他の歯を傷つけることなく、自分の歯のように再び噛めるようになり、
審美性も高いという点でも注目されている方法です。
名古屋の歯医者、松年歯科クリニックは、患者の立場に立った診療が心がけており、
できるだけ患者の治療ニーズに合わせた素材を用いた治療をします。
丁寧なカウンセリングを実施し、実際の患者の歯や顎骨の状態に合わせて治療計画が立てていきます。

さまざまなアクセス方法で、遠方
からもお越しいただいています。

電車でお越しの方
名古屋のJRあおなみ線 「名古屋 中島」駅から徒歩3分
お車でお越しの方
1号線沿い、ラウンドワン横
駐車場は10台完備しております
バスでお越しの方
【名古屋 六番町方面からバスで来院される方】
名古屋の市バス・幹神宮2の「市立工業高校」で降りた正面になります。
【庄内川方面からバスで来院される方】
名古屋の市バス・幹神宮2の「名古屋 中島駅」で降りてください。

松年歯科クリニック外観

インプラント治療サイト 松年歯科クリニック

〒454-0852
愛知県名古屋市中川区昭和橋通4-18
[アクセスMAP]

ご予約・お問い合わせはお電話ください
052-661-0504
受付時間
09:30~13:00 × ×
14:30~18:30 × × ×
14:30~18:00 × × × × × ×
  • 午前…9:30~13:00 / 午後…14:30~18:30
  • [休診日] 水曜・日曜・祝祭日

pagetop

無料メール相談