〒454-0852 愛知県名古屋市中川区
昭和橋通4-18 [アクセスMAP]

ご予約・お問い合わせはお電話ください

052-661-0504 初診WEB予約

受付時間
09:30~13:00 × ×
14:30~18:30 × × ×
14:30~18:00 × × × × × ×

休診日:水曜・日曜・祝祭日

インプラント体について

インプラントコラム

インプラント体について

インプラント体は、顎骨の中に埋込固定される人工歯根部のことをいいます。インプラント体は埋入体ともよばれ、埋入体の上部の支台部アバットメントや、義歯と一緒に上部構造と言われます。歯槽骨に直接挿入する埋入体は直径3~5mm、長さ6~18mmくらいといわれています。
また、埋入体に用いられる素材にはチタンやチタン合金などが素材として使用されています。アバットメント材質はチタンやチタン合金やジルコニアなどがポピュラーです。また、上部構造材質はレジンやセラミック素材や金合金などになっており、患者の治療ニーズに応じて様々な素材から選ぶことができるように名古屋の歯医者でもされています。
インプラント治療を受ける場合には、まず診断が行われます。例えば、この時、名古屋にある松年歯科クリニックではインプラント治療ができるかどうかについて顎骨の状態について診断が行われます。また、どのようにインプラント治療が行われるかなどについて、模型やパノラマⅩ線写真やCT画像などを用いて、分かりやすく説明してもらうことができます。
診断時には、名古屋にある松年歯科クリニックでは、安全な手術が可能かどうかという点について、血液検査などが用いられ、客観的に全身状態が把握されます。
その後は、1次手術が行われていきます。この時に局所麻酔や静脈内鎮静下によって患者の治療ニーズに合ったフィクスチャーが顎骨に挿入されます。
手術後は、埋入体周りに骨組織が発達して、埋入体を取り囲むように隙間なくくっついていきます。そして、インプラント体が顎骨としっかり結合した頃に、人工義歯を被せます。人工義歯は審美性も高く、多くの患者は笑顔に自信が持てるようになったという思いをもつことが名古屋でもできています。また、再び自分の歯で噛む喜びを手に入れることができるインプラント治療は欠損歯の補綴治療の選択肢という点でとても人気があります。
しかし、名古屋の歯医者でも、インプラントの埋入後には治療後の噛み合わせには十分注意する必要があるといわれています。インプラントの人工歯は天然歯に比べて細菌などに対する抵抗性が弱いので、名古屋でも治療後はこれまで以上に歯のケアに力を入れていくことが大切だといわれています。
きちんと手入れしなければ、以前の歯と同じようにせっかく埋め入れた埋入体が抜け落ちてしまうという点が名古屋の歯医者でも懸念されています。患者はその後定期的に歯医者でメンテナンスを受けるように名古屋でもなっています。

さまざまなアクセス方法で、遠方
からもお越しいただいています。

電車でお越しの方
名古屋のJRあおなみ線 「名古屋 中島」駅から徒歩3分
お車でお越しの方
1号線沿い、ラウンドワン横
駐車場は10台完備しております
バスでお越しの方
【名古屋 六番町方面からバスで来院される方】
名古屋の市バス・幹神宮2の「市立工業高校」で降りた正面になります。
【庄内川方面からバスで来院される方】
名古屋の市バス・幹神宮2の「名古屋 中島駅」で降りてください。

松年歯科クリニック外観

インプラント治療サイト 松年歯科クリニック

〒454-0852
愛知県名古屋市中川区昭和橋通4-18
[アクセスMAP]

ご予約・お問い合わせはお電話ください
052-661-0504
受付時間
09:30~13:00 × ×
14:30~18:30 × × ×
14:30~18:00 × × × × × ×
  • 午前…9:30~13:00 / 午後…14:30~18:30
  • [休診日] 水曜・日曜・祝祭日

pagetop

無料メール相談