〒454-0852 愛知県名古屋市中川区
昭和橋通4-18 [アクセスMAP]

ご予約・お問い合わせはお電話ください

052-661-0504 初診WEB予約

受付時間
09:30~13:00 × ×
14:30~18:30 × × ×
14:30~18:00 × × × × × ×

休診日:水曜・日曜・祝祭日

インプラントの土台、フレームは、ジルコニア、チタンなど何がいいの?

インプラントコラム

インプラントの土台、フレームは、ジルコニア、チタンなど何がいいの?

インプラントの土台、フレームはどのような素材がいいかという点は、インプラント治療を受ける人の大きな関心ごとです。土台には患者の骨の形状や予算、治療期間、治療ニーズや予算などによって異なっているといわれています。
インプラントの土台フレームとして人気があるのはジコルニアやチタンなどの物質で、ジコルニアは人工ダイアともよばれる非金属物質です。この素材は金属アレルギーのある人には特におすすめだと名古屋でも考えられています。
チタンは金属ですが、金属アレルギーを起こしにくい金属素材といわれており、表面にハイドロキシアパタイトが加工されている骨との結合性の高いインプラント体も人気のある素材です。
従来の金属使用のインプラントは、チタンでも金属が使用されているため、体への負担が大きいと考える人もいますが、ジルコニアはより自然素材に近く、患者の体への負担という点を考えると、よりおすすめの素材であると名古屋でも考えられています。また、チタン製のアバットメントと比べると、審美性という点でも高い信頼性があります。
チタン製のアバットメントでは、歯ぐきから金属色が見えてしまって不自然といった指摘も名古屋でもあります。ジコルニアは、常態では白色固体となっており、歯の色にも近いため、より審美性が高くて自然に見えるのです。
これらのフレーム素材についてどれがいいかという点については患者のライフスタイルや、審美性に対する価値観や治療ニーズ、アレルギーの有無、予算といった点などを考慮して決めることが望ましいといえます、
名古屋市の松年歯科クリニックでもインプラントの土台、フレームはどのような素材がいいかという点については、インプラント治療を受ける患者の治療ニーズによって変わってくるといわれています。インプラント手術の高い技術と実績もある名古屋の松年歯科歯科クリニックでは、その点も含めて様々なアドバイスを聞くことができ、事前に行われている無料相談では具体的な点についても教えてもらえる歯医者です。
名古屋の松年歯科クリニックに電車で通院する場合、JR名古屋駅から中島駅で降り、徒歩3分ほどです。また、名古屋六番町方面からもバスアクセスできます。名古屋の松年歯科クリニックには名古屋だけでなく周辺地域からも患者がインプラント治療のために通っています。
土台フレームはどのような素材がいいかという点は、治療を受ける人の治療ニーズによりますので、一度相談してみることがおすすめです。

さまざまなアクセス方法で、遠方
からもお越しいただいています。

電車でお越しの方
名古屋のJRあおなみ線 「名古屋 中島」駅から徒歩3分
お車でお越しの方
1号線沿い、ラウンドワン横
駐車場は10台完備しております
バスでお越しの方
【名古屋 六番町方面からバスで来院される方】
名古屋の市バス・幹神宮2の「市立工業高校」で降りた正面になります。
【庄内川方面からバスで来院される方】
名古屋の市バス・幹神宮2の「名古屋 中島駅」で降りてください。

松年歯科クリニック外観

インプラント治療サイト 松年歯科クリニック

〒454-0852
愛知県名古屋市中川区昭和橋通4-18
[アクセスMAP]

ご予約・お問い合わせはお電話ください
052-661-0504
受付時間
09:30~13:00 × ×
14:30~18:30 × × ×
14:30~18:00 × × × × × ×
  • 午前…9:30~13:00 / 午後…14:30~18:30
  • [休診日] 水曜・日曜・祝祭日

pagetop

無料メール相談