〒454-0852 愛知県名古屋市中川区
昭和橋通4-18 [アクセスMAP]

ご予約・お問い合わせはお電話ください

052-661-0504 初診WEB予約

受付時間
09:30~13:00 × ×
14:30~18:30 × × ×
14:30~18:00 × × × × × ×

休診日:水曜・日曜・祝祭日

自家骨 他家骨 β-TCPどれがいいの?

インプラントコラム

自家骨 他家骨 β-TCPどれがいいの?

インプラントの骨造成において代表的なものに、自家骨や他家骨、β-TCPがあります。インプラント治療は、骨量が足りなりないという場合、受けられません。しかし、顎骨量が足りないことでインプラント治療をあきらめる必要はなく、顎骨を増やすことで骨の厚みを増やしたり、高さを調節したりする骨移植を受けられる場合もあります。骨移植に用いられる骨は自家骨 他家骨 β-TCPと大きく分けて3種類ほどあると名古屋でも考えられています。
自家骨は患者自身の骨です。自家骨を治療に用いると、自身の骨なので馴染みやすいといった大きなメリットが得られます。しかし、自家骨を使用することにより、手術範囲がより広がるというデメリットがあり、患者の負担も増えるといいう短所も名古屋でも指摘されています。患者の負担が増えるとは、体にストレスがかかったり、出血量が多くなったり、腫れてしまったりするというリスクや、審美上の問題がおこったり、免疫力が低下するということがあるという点が名古屋でも指摘されています。
他家骨はボーンジェクトともよばれる牛骨由来の骨補填材です。ボーンジェクトにはコラーゲンが入った液体が充てんされ、使いやすい素材であると言われています。しかし、患者の組織からとったものではないため、骨とボーンジェクトが馴染むまでに自家骨に比べるとより長い期間が必要になるといった短所もあることが名古屋でも分かっています。
また、β-TCPは、リン酸カルシウムが主成分の物質で、骨を増やすために用いられます。しかし、β-TCPは未認可薬になります。ボーンジェクトと同じ、牛の由来の骨補填材が使用されており、3、4か月くらいで骨になるという特徴があります。しかし、β-TCPは日本で認可されているものが少ないという点が指摘されています。国産の人口骨で対応する場合、牛の骨由来のものを使用することになるといわれています。
インプラント治療を検討している時に、名古屋でも顎骨が足りないケースでは人口骨が使用されることがあります。骨量不足によって治療が受けられない場合には、骨移植を受けて、顎骨を増やしたり、骨の厚みを増やしたりするインプラント治療のための方法が名古屋でもとられています。
しかし、そのような骨移植によって使用される素材はいくつかあり、それぞれメリットとデメリットがあると名古屋の歯医者でも考えられています。そのため、インプラント治療を希望する場合には、インプラント治療を受けようとする歯医者で事前に相談しておくようにすることで、より自身の希望に近い素材でインプラント治療ができるようになると名古屋でも考えられています。

さまざまなアクセス方法で、遠方
からもお越しいただいています。

電車でお越しの方
名古屋のJRあおなみ線 「名古屋 中島」駅から徒歩3分
お車でお越しの方
1号線沿い、ラウンドワン横
駐車場は10台完備しております
バスでお越しの方
【名古屋 六番町方面からバスで来院される方】
名古屋の市バス・幹神宮2の「市立工業高校」で降りた正面になります。
【庄内川方面からバスで来院される方】
名古屋の市バス・幹神宮2の「名古屋 中島駅」で降りてください。

松年歯科クリニック外観

インプラント治療サイト 松年歯科クリニック

〒454-0852
愛知県名古屋市中川区昭和橋通4-18
[アクセスMAP]

ご予約・お問い合わせはお電話ください
052-661-0504
受付時間
09:30~13:00 × ×
14:30~18:30 × × ×
14:30~18:00 × × × × × ×
  • 午前…9:30~13:00 / 午後…14:30~18:30
  • [休診日] 水曜・日曜・祝祭日

pagetop

無料メール相談