〒454-0852 愛知県名古屋市中川区
昭和橋通4-18 [アクセスMAP]

ご予約・お問い合わせはお電話ください

052-661-0504 初診WEB予約

受付時間
09:30~13:00 × ×
14:30~18:30 × × ×
14:30~18:00 × × × × × ×

休診日:水曜・日曜・祝祭日

ソケットリフトとサイナスリフトどっちがいいの?

インプラントコラム

ソケットリフトとサイナスリフトどっちがいいの?

インプラント治療を受けるためには骨量が十分に足りていることが前提ですが、骨量が足りないといわれた場合にも、インプラントを無理にあきらめる必要はないと名古屋でも考えられています。顎骨の量や幅などを調整してもらうことで治療を受けることができます。そして、骨量が増えたことが確認されてからインプラント治療を受けることができるのです。
このような、顎骨を増やす治療は骨造成治療とよばれます。骨造成手術を受けると、顎骨量を増やすことができます。代表的な骨造成の治療法にはソケットリフトやサイナスリフトがあります。
ソケットリフトは歯の生えていたところから施術を行いって、歯を抜いた場所から施術する治療です。名古屋でも、ソケットリフト法はシュナイダー膜の損傷には気をつけながら治療顔行われています。ソケットリフトは、骨の高さが5mm以上ある場合に用いられる治療法です。この方法はサイナスリフトよりも傷口が小さいので、患者の負担が少ない方法だと名古屋でも考えられています。名古屋の歯医者でも約4ヶ月ほどの治療期間で済むといわれています。
一方、サイナスリフト法は歯が生えていた部分の側面の歯ぐきから施術を行っていく骨造成法です。ソケットリフトと比べると、骨厚がより薄い場合などに用いられます。また、多くの歯の欠損がある時などに行われる方法であると名古屋でも考えられています。
サイナスリフト法は、上顎の歯肉の側面を切開して、骨面を露出させ、10~30mm程歯槽骨を開切して行われます。シュナイダー膜を注意して挙上して、できたスペースに移植骨などを処置します。治療期間歯3~6ヶ月くらいとソケットリフト法に比べると期間が長めになりますが、そのあとにインプラント体を固定していきます。全体として、治療期間は約9ヶ月ほどと名古屋でも考えられています。
ソケットリフトとサイナスリフトのどちらがよりよいかという点については、インプラントを希望する患者の顎骨の状態などによって違ってきます。インプラントのための骨造成手術の方法を選択する場合、やはりインプラントを受ける患者の顎骨状態は大きく関わります。患者の骨量がある程度ある場合にはソケットリフト法が、骨量が少ない場合などにはサイナスリフト法が選択される傾向があると名古屋でも言われています。
このようにインプラントの治療を受ける場合には、骨量が十分にあることが前提となっており、ソケットリフトやサイナスリフトなどの骨造成法によってインプラント治療が受けられるようになるといわれています。

さまざまなアクセス方法で、遠方
からもお越しいただいています。

電車でお越しの方
名古屋のJRあおなみ線 「名古屋 中島」駅から徒歩3分
お車でお越しの方
1号線沿い、ラウンドワン横
駐車場は10台完備しております
バスでお越しの方
【名古屋 六番町方面からバスで来院される方】
名古屋の市バス・幹神宮2の「市立工業高校」で降りた正面になります。
【庄内川方面からバスで来院される方】
名古屋の市バス・幹神宮2の「名古屋 中島駅」で降りてください。

松年歯科クリニック外観

インプラント治療サイト 松年歯科クリニック

〒454-0852
愛知県名古屋市中川区昭和橋通4-18
[アクセスMAP]

ご予約・お問い合わせはお電話ください
052-661-0504
受付時間
09:30~13:00 × ×
14:30~18:30 × × ×
14:30~18:00 × × × × × ×
  • 午前…9:30~13:00 / 午後…14:30~18:30
  • [休診日] 水曜・日曜・祝祭日

pagetop

無料メール相談