〒454-0852 愛知県名古屋市中川区
昭和橋通4-18 [アクセスMAP]

ご予約・お問い合わせはお電話ください

052-661-0504 初診WEB予約

受付時間
09:30~13:00 × ×
14:30~18:30 × × ×
14:30~18:00 × × × × × ×

休診日:水曜・日曜・祝祭日

GBRとスプリットクレフトは、どっちがいいの?

インプラントコラム

GBRとスプリットクレフトは、どっちがいいの?

GBRとスプリットクレフトのどちらがいいかとよいかという点については、それぞれの患者の顎骨の状態によって異なるといわれます。スプリットクレフト法もGBR法もインプラント治療の際の骨を増やすための治療に用いられます。
埋入体の埋入固定をして行うインプラント治療では、十分な骨量が前提とされています。骨量が十分でない場合、治療自体を受け付けてもらえないといわれています。しかし、名古屋にある松年歯科クリニックでは顎骨量が足りず、他院で治療ができなかった患者に対し、様々な骨造成法の方法を検討の上で、インプラント手術を行えるよう骨造成手術などを行って、骨を増やすように尽力してもらえます。

GBRとスプリットクレフトの違いは、GBR法は骨量が足りない場合に用いられる骨量を増やすための治療で、スプリットクレフトは骨の厚さが足りない場合の治療法と主に考えられています。スプリットクレフトは上顎前歯の歯槽骨が4mmなく、骨の厚みが足りない場合に自身の骨を半分に分割し、その中にインプラントを埋め入れることでインプラント体を固定させる方法です。
名古屋でもGBR法では新生骨をつくるための治療が行われます。患者の骨と人工骨補填剤を混ぜたものを特殊膜で覆い、骨を増やしていきます。数カ月後には骨芽細胞が集まってきて、新たな骨形成が進みます。そこにインプラント体を埋め込んで安定確保を行います。
スプリットクレフト法では極端に薄くなった骨を半分に分割して、その隙間にインプラント体を埋入しますが、非常に骨は薄いので割れやすくなっており、歯槽骨を破折しないよう細心が注意が払われなければなりません。そのため、治療をする側に高度な技術が必要となり、骨で両サイドからインプラントを包み込むことによって、骨の再生後にはしっかりとした骨の厚みが確保できるようになるというメリットがあるかなり特殊な手法といわれていいます。
骨造成にはGBRとスプリットクレフトのほかにもサイナスリフト法やソケットリフト法といった方法もあり、名古屋の松年歯科クリニックは現在の患者の顎骨の状況や、欠損歯数などを考慮して、一人一人の患者に最適な治療計画を立ててもらうことができる名古屋の歯医者です。そのため、他院で骨量不足でインプラント治療が受けられなかったという患者も一度相談してみるといいといえます。名古屋の松年歯科クリニックは治療の症例数も多く、実績も多くある名古屋の歯医者で、名古屋の松年歯科クリニックでは様々な方法の中から、一番いい方法について提案を受けることができる名古屋の歯医者です。

さまざまなアクセス方法で、遠方
からもお越しいただいています。

電車でお越しの方
名古屋のJRあおなみ線 「名古屋 中島」駅から徒歩3分
お車でお越しの方
1号線沿い、ラウンドワン横
駐車場は10台完備しております
バスでお越しの方
【名古屋 六番町方面からバスで来院される方】
名古屋の市バス・幹神宮2の「市立工業高校」で降りた正面になります。
【庄内川方面からバスで来院される方】
名古屋の市バス・幹神宮2の「名古屋 中島駅」で降りてください。

松年歯科クリニック外観

インプラント治療サイト 松年歯科クリニック

〒454-0852
愛知県名古屋市中川区昭和橋通4-18
[アクセスMAP]

ご予約・お問い合わせはお電話ください
052-661-0504
受付時間
09:30~13:00 × ×
14:30~18:30 × × ×
14:30~18:00 × × × × × ×
  • 午前…9:30~13:00 / 午後…14:30~18:30
  • [休診日] 水曜・日曜・祝祭日

pagetop

無料メール相談