〒454-0852 愛知県名古屋市中川区
昭和橋通4-18 [アクセスMAP]

ご予約・お問い合わせはお電話ください

052-661-0504 初診WEB予約

受付時間
09:30~13:00 × ×
14:30~18:30 × × ×
14:30~18:00 × × × × × ×

休診日:水曜・日曜・祝祭日

GBRとスプリットクレフトの違いは?

インプラントコラム

GBRとスプリットクレフトの違いは?

GBR法とスプリットクレフトの違いは、スプリットクレフトは骨の厚みが足りない場合に用いられる治療法というのに対し、GBR法は骨量が足りない場合に用いられる方法であるといわれます。
名古屋でもインプラントを安全に長く利用するためには充分な骨量や厚みが必要とされています。これらのどちらの方法も埋入体を固定するための骨の量や厚みがその時点で十分足りていない時などに、骨の厚みや量を確保するために用いられる方法です。このような治療を行うことで、顎骨の状態を整えていくことができます。
スプリットクレフト法では、厚みの足りない骨を半分に分割して、その中に埋入体を固定させることで、骨再生後にしっかりとした顎骨の厚みを確保できるというメリットのある方法です。しかし、この方法はかなり特殊な方法であるため、現在も大学病院などでは実施可能となっていますが、一般的には多く用いられている方法ではないといわれます。
それに対して、GBR法は新生骨を造成させるための治療方法で、自身の骨と人工の骨補填剤を混ぜたものをメンブレンとよばれる特殊膜で覆うことで骨造成を図る方法です。数カ月後、骨芽細胞が集まり、新たな骨形成が進んでから、埋入体を固定します。
名古屋にある歯医者でも顎骨の量が足りず、他院で治療を受けられなかった患者に対し、様々な骨造成法の可能性などの検討を進めて、インプラント手術を受けることができるようにサポートしています。名古屋の歯医者では骨を増やしてもらうことができる治療が提供され、インプラント治療が受けられるのに十分な骨量の確保を行ってもらうことができます。
これらがGBR法とスプリットクレフト法の違いです。これらの治療法は患者の顎骨の状態によって異なってきますが、一般的にはGBR法の方が歯医者でよく森いられている方法といえます。患者の負担感も少なく、例えば、名古屋の松年歯科クリニックではカウンセリングなどの際に、画像診断などを活用して、インプラント治療や骨造成法などの詳細な説明を患者に提供しています。
松年歯科クリニックは名古屋駅からのアクセスもよく、電車で通院する場合でもバスで通院する場合にも便利なロケーションにある名古屋の歯医者です。そのため、現在でも名古屋周辺から患者がインプラント治療やインプラント治療後のメンテナンスにも通ってきています。
インプラント治療のために骨を増やすことが必要な場合は、インプラント治療で実績のある名古屋の松年歯科クリニックを一度受診してみることはおすすめです。

さまざまなアクセス方法で、遠方
からもお越しいただいています。

電車でお越しの方
名古屋のJRあおなみ線 「名古屋 中島」駅から徒歩3分
お車でお越しの方
1号線沿い、ラウンドワン横
駐車場は10台完備しております
バスでお越しの方
【名古屋 六番町方面からバスで来院される方】
名古屋の市バス・幹神宮2の「市立工業高校」で降りた正面になります。
【庄内川方面からバスで来院される方】
名古屋の市バス・幹神宮2の「名古屋 中島駅」で降りてください。

松年歯科クリニック外観

インプラント治療サイト 松年歯科クリニック

〒454-0852
愛知県名古屋市中川区昭和橋通4-18
[アクセスMAP]

ご予約・お問い合わせはお電話ください
052-661-0504
受付時間
09:30~13:00 × ×
14:30~18:30 × × ×
14:30~18:00 × × × × × ×
  • 午前…9:30~13:00 / 午後…14:30~18:30
  • [休診日] 水曜・日曜・祝祭日

pagetop

無料メール相談