〒454-0852 愛知県名古屋市中川区
昭和橋通4-18 [アクセスMAP]

ご予約・お問い合わせはお電話ください

052-661-0504 初診WEB予約

受付時間
09:30~13:00 × ×
14:30~18:30 × × ×
14:30~18:00 × × × × × ×

休診日:水曜・日曜・祝祭日

ブリッジとインプラントどっちがいいの?

インプラントコラム

ブリッジとインプラントどっちがいいの?

ブリッジとインプラントどっちがいいのかという点については、患者の歯の状態や顎骨量や幅、治療に対する価値観や予算、治療期間へのニーズなどの様々な要素によって異なっていると名古屋でも考えられています。
インプラントは顎骨に直接固定して行う治療法です。患者さん自身の歯の一部と同じ感覚で、噛める喜びが再び手に入るという大きなメリットのある治療方法で、インプラントは半永久的に使えますので、より長くもち、しっかりと噛みむこともできて、入れ歯のように歯にくっつくものが食べにくくなることもないといった、食べ物をしっかりとおいしく味わうことができる治療法と名古屋でも言われています。
また自然歯のような審美性も高く、歯が美しくなって、笑顔に自信が持てるようになります。
しかし、インプラント治療は基本的に保険がきかず、自費診療での診療のため、インプラント治療費は高額になりやすいという特徴があります。また、かかる治療期間もブリッジよりも長いというデメリットなども名古屋でも指摘されています。
対して、ブリッジは両脇の自身の歯を土台として、人工の歯を橋のように架けて使用するしか治療法です。歯の欠損が1、2本という場合で、両脇の歯がしっかりしている場合に選択されることが多い治療法です。そして、ブリッジは保険が効くため、治療費もインプラントほど高額になりにくいというメリットがある方法です。
一方、数年するとブリッジをかけた両脇の歯がぐらつくというデメリットがあり、抜けてしまった歯の両側の歯にはとても大きな負担がかかるという点や、治療をする時に、両側の歯を削る必要があるという点がデメリットと名古屋でも考えられています。
インプラントとブリッジではどちらがいいかという点については、名古屋でも患者の歯の状態やライフスタイルなどで一人一人異なっており、名古屋の松年歯科クリニックは患者さんのQOLを向上させるための方法はどちらがよりいいのかといった視点で患者さんと決めていきます。
インプラントとブリッジはどちらもメリットとデメリットがある治療法です。そのため、そられらが患者自身のライフスタイルにどう影響するのかをしっかりと患者さんが判断して治療に臨んでいきます。
名古屋の松年歯科クリニックは、とても丁寧なカウンセリングや診療などが提供され、どちらが患者さんにとってより合っているかということころについては患者と相談しながら決めていく名古屋の歯医者です。

さまざまなアクセス方法で、遠方
からもお越しいただいています。

電車でお越しの方
名古屋のJRあおなみ線 「名古屋 中島」駅から徒歩3分
お車でお越しの方
1号線沿い、ラウンドワン横
駐車場は10台完備しております
バスでお越しの方
【名古屋 六番町方面からバスで来院される方】
名古屋の市バス・幹神宮2の「市立工業高校」で降りた正面になります。
【庄内川方面からバスで来院される方】
名古屋の市バス・幹神宮2の「名古屋 中島駅」で降りてください。

松年歯科クリニック外観

インプラント治療サイト 松年歯科クリニック

〒454-0852
愛知県名古屋市中川区昭和橋通4-18
[アクセスMAP]

ご予約・お問い合わせはお電話ください
052-661-0504
受付時間
09:30~13:00 × ×
14:30~18:30 × × ×
14:30~18:00 × × × × × ×
  • 午前…9:30~13:00 / 午後…14:30~18:30
  • [休診日] 水曜・日曜・祝祭日

pagetop

無料メール相談