〒454-0852 愛知県名古屋市中川区
昭和橋通4-18 [アクセスMAP]

ご予約・お問い合わせはお電話ください

052-661-0504 初診WEB予約

受付時間
09:30~13:00 × ×
14:30~18:30 × × ×
14:30~18:00 × × × × × ×

休診日:水曜・日曜・祝祭日

インプラントをするタイミングは?

インプラントコラム

インプラントをするタイミングは?

人の歯は1本だけ失われてしまっても、隣の歯の生え方に大きな影響を及ぼしてしまいます。
歯周病や虫歯、不慮の事故などが原因で天然の健康な歯を失ってしまった場合の治療法としては、従来の義歯治療である入れ歯治療やブリッジ治療がこれまでの治療法として知られてきました。
しかし、現在では人工の歯根であるインプラント体を治療を受ける患者様のあごの骨である歯槽骨に直接埋め込む名古屋のインプラント治療専門の歯科医院が行っているインプラント治療が歯を失った時の主流の治療法として浸透しています。
今回は、歯を失ってしまった場合に名古屋のインプラント治療専門の歯科医院が行っているインプラント治療における「インプラントをするタイミングは?」について詳しくお話をさせていただきます。

■インプラント治療を行うタイミングはさまざま

一概にインプラント治療と言ってもその種類は治療を受ける患者様のケースによってさまざまにあります。
名古屋のインプラント治療専門の歯科医院が行っているインプラント治療では、インプラント体を歯を抜いた後にすぐにその場で行う抜歯即埋入などの方式を採用するケースもあれば、名古屋のインプラント治療専門の歯科医院が行っているインプラント治療で抜歯を行ってから抜歯跡の傷口がふさがるまで数ヶ月間待ち、その後名古屋のインプラント治療専門の歯科医院が行っているインプラント治療でインプラント体であるフィクスチャーを埋め入れるインプラント手術を行うケースもあります。

■骨造成を行う場合

名古屋のインプラント治療専門の歯科医院が行っているインプラント治療でインプラント体を治療を受ける患者様のあごの骨である歯槽骨に名古屋のインプラント治療専門の歯科医院が行っているインプラント治療で埋め込む場合には、インプラント体であるフィクスチャーを埋め入れる患者様のあごの骨の高さや厚み、幅やあごの骨の骨量などが不足しているケースにおいては、あごの骨の高さや幅を骨造成と呼ばれる方法によって増やしてからインプラント治療を行う事もあります。
名古屋のインプラント治療専門の歯科医院が行っているインプラント治療で実施している骨造成法はソケットリフトやサイナスリフト、GBR法などさまざまにありますが、骨造成法とインプラント手術を同時に行って名古屋のインプラント治療専門の歯科医院が行っているインプラント治療において初回の手術でそのままインプラント体を埋め込むケースもあれば、名古屋のインプラント治療専門の歯科医院が行っているインプラント治療における1回目の手術では骨造成のみを行い、数ヶ月から半年間ほど骨造成の期間を設けた後、インプラント体を埋め込むのに必要なあごの骨の高さや幅、骨量などが回復している事を確認した後にインプラント体を埋め入れる手術を行う事もあります。

さまざまなアクセス方法で、遠方
からもお越しいただいています。

電車でお越しの方
名古屋のJRあおなみ線 「名古屋 中島」駅から徒歩3分
お車でお越しの方
1号線沿い、ラウンドワン横
駐車場は10台完備しております
バスでお越しの方
【名古屋 六番町方面からバスで来院される方】
名古屋の市バス・幹神宮2の「市立工業高校」で降りた正面になります。
【庄内川方面からバスで来院される方】
名古屋の市バス・幹神宮2の「名古屋 中島駅」で降りてください。

松年歯科クリニック外観

インプラント治療サイト 松年歯科クリニック

〒454-0852
愛知県名古屋市中川区昭和橋通4-18
[アクセスMAP]

ご予約・お問い合わせはお電話ください
052-661-0504
受付時間
09:30~13:00 × ×
14:30~18:30 × × ×
14:30~18:00 × × × × × ×
  • 午前…9:30~13:00 / 午後…14:30~18:30
  • [休診日] 水曜・日曜・祝祭日

pagetop

無料メール相談