〒454-0852 愛知県名古屋市中川区
昭和橋通4-18 [アクセスMAP]

ご予約・お問い合わせはお電話ください

052-661-0504 初診WEB予約

受付時間
09:30~13:00 × ×
14:30~18:30 × × ×
14:30~18:00 × × × × × ×

休診日:水曜・日曜・祝祭日

上部構造について

インプラントコラム

上部構造について

顎の骨にチタン金属を埋め込んで、一体化を図り、自然の歯とほぼ同様の使用感を手にすることが出来て、現在の最新技術が結集化したの治療法がインプラント治療であります。歯科医療先進地区である名古屋においても松年歯科クリニック等で多くのインプラント治療が実施されて、多量の歯が抜けてしまった患者さんたちに再びものを強く噛める、あるいは大きな口を開けて人前で笑えるということを実現しています。このインプラント治療法の場合、重要なのは、インプラントを歯ぐきに埋め混むことが重要視されますが、チタン金属にかぶせる上部構造も大切なのです。被せるものの、素材で、使い勝手が大きく異なってくるので、どれにするかは十分に検討して決定するべきでしょう。名古屋の歯科医でも患者さんとの話し合いが十分になされています。まず、事例としては少ないですがかぶせ物に金属を選んだ場合は、耐久性は高くなります。陶器と違い 割れてしまうリスクが金属であるため少なく、長持ちです。他のものと比べて費用が抑えられます。ただ見た目が見た目が自然の歯とは異なるので、口元の美しさは求められません。次に、かぶせ物の素材を、ハイブリッドセラミックスを選んだ場合には、セラミック(陶器)とレジン(プラスチック)を混合したもので、自然な歯に近い外見をしています。ただ、時間がたつと色が変わって黄色くなってきます。以上の二つは、価格的にも低く抑えることが出来る選択になります。そしてかぶせ物としてメタルボンド(セラモメタル、陶材焼付け鋳造冠とも呼ばれる)を選んだ場合は、少し状況が変わってきます。メタルボンドの被せ物は、中が金属で外は陶材(ポーセレン、セラミックス)を、七宝焼(しっぽうや)きのように焼き付けているので、見た目は自然の歯のようで、変色もしないし、強度も高いです。価格的には、金属やハイブリッドセラミックスよりは高めになりますが、全てをセラミックスにした場合等と比べると、ちようどいいバランスでメリットを残す形になっているので、メタルボンドを選ぶ人が増えてはいます。かぶせ物の上部構造がオールセラミックスの場合 、本当に自然な歯のような色を出すこともできますし、いわゆる金属アレルギ-が発症するというようなこともありません。ただ、どうしても陶器の一種なので、衝撃には弱いので割れてしまうことが考えられます。インプラント治療は比較的費用の掛かる治療法であるのですが、物を強く噛みたい、自然な歯のような外観にしてほしいという思いがあり、自分のなりたい口元がどれかということをきっちりと考えて上部構造のかぶせ物の仕様を決めるのが良いといわれています。インプラント治療を受けている歯医者さんとじっくりと相談するのが良いでしょう。

さまざまなアクセス方法で、遠方
からもお越しいただいています。

電車でお越しの方
名古屋のJRあおなみ線 「名古屋 中島」駅から徒歩3分
お車でお越しの方
1号線沿い、ラウンドワン横
駐車場は10台完備しております
バスでお越しの方
【名古屋 六番町方面からバスで来院される方】
名古屋の市バス・幹神宮2の「市立工業高校」で降りた正面になります。
【庄内川方面からバスで来院される方】
名古屋の市バス・幹神宮2の「名古屋 中島駅」で降りてください。

松年歯科クリニック外観

インプラント治療サイト 松年歯科クリニック

〒454-0852
愛知県名古屋市中川区昭和橋通4-18
[アクセスMAP]

ご予約・お問い合わせはお電話ください
052-661-0504
受付時間
09:30~13:00 × ×
14:30~18:30 × × ×
14:30~18:00 × × × × × ×
  • 午前…9:30~13:00 / 午後…14:30~18:30
  • [休診日] 水曜・日曜・祝祭日

pagetop

無料メール相談