〒454-0852 愛知県名古屋市中川区
昭和橋通4-18 [アクセスMAP]

ご予約・お問い合わせはお電話ください

052-661-0504 初診WEB予約

受付時間
09:30~13:00 × ×
14:30~18:30 × × ×
14:30~18:00 × × × × × ×

休診日:水曜・日曜・祝祭日

インプラント治療の流れ

インプラントコラム

インプラント治療の流れ

名古屋の歯科医でインプラントを希望する人がいます。しかしこの治療が実際にどのような流れで行われるのかを事前に知っておくなら、インプラント治療に対する恐れや誤解を解くことができます。この点に関しては名古屋の歯科医が丁寧に説明してくれますので、気軽に尋ねるべきです。インプラント治療の一般的な流れは、顎骨のチェックから始まります。この治療は顎骨に土台を埋め込み、その上に人工歯を取り付けるというものです。そのため顎骨が丈夫であるか、そして土台を打ち込めるだけの厚さがあるかを必ずチェックします。これは名古屋市の歯科医だけでなく、全国の歯科医が必ず行うことです。顎骨が十分な強度や厚みを有していない場合、骨を強めたり骨量を増やすための治療が行われます。しかしこの時点でそれらが不可能であると判断された場合、残念ながらインプラント治療を断念せざるを得ません。

顎骨に異常がない場合、次のステップに移行します。まず最初に歯茎を切開し、土台を埋め込める形に顎骨を整えていきます。当然のことながら名古屋の歯科医は麻酔を行ってからこの施術を行いますので、痛みは生じません。次にドリルで顎骨に穴をあけていきます。まずはガイドドリルというものを用いてインプラントの土台を埋める方向に穴をあけ、その後本格的なドリルで穴を広げていきます。その後、顎骨に土台を埋め込みます。名古屋市の歯科医からも説明がありますが、この土台には骨と一体化しやすいチタンなどの金属が使用されます。ここでいったん歯茎を閉じ、土台が骨にくっつくまで待ちます。一般的には3か月から4か月の期間が必要となります。

土台が骨と一体化したら、今度は歯茎をもう一度切開して土台の頭を露出させます。この部分に歯茎の形を整えるアバットメントという部品を装着します。それから1、2週間後にアバットメントを外し、今度は土台と人工歯をつなぐためのアバットメントを装着します。その後アバットメントに人工歯を装着し、インプラント治療は終了です。名古屋市には腕の良い歯科医がたくさんいますので、インプラント治療を行っているときに痛みを感じることは滅多にありません。しかし麻酔が切れた後、痛みが生じることもあります。もちろん名古屋市の歯科医はこの点を理解しており、このような状況に対処するための痛み止めを出してくれます。こうしたことも含め、数か月を必要とするインプラント治療に不安を感じる人がいることも理解できます。しかし腕の良い名古屋市の歯科医で一度この治療を行ってしまえば、噛む力が強く、見栄えの良い人工歯を持つことができるのです。この点は大きなメリットであるといえます。

さまざまなアクセス方法で、遠方
からもお越しいただいています。

電車でお越しの方
名古屋のJRあおなみ線 「名古屋 中島」駅から徒歩3分
お車でお越しの方
1号線沿い、ラウンドワン横
駐車場は10台完備しております
バスでお越しの方
【名古屋 六番町方面からバスで来院される方】
名古屋の市バス・幹神宮2の「市立工業高校」で降りた正面になります。
【庄内川方面からバスで来院される方】
名古屋の市バス・幹神宮2の「名古屋 中島駅」で降りてください。

松年歯科クリニック外観

インプラント治療サイト 松年歯科クリニック

〒454-0852
愛知県名古屋市中川区昭和橋通4-18
[アクセスMAP]

ご予約・お問い合わせはお電話ください
052-661-0504
受付時間
09:30~13:00 × ×
14:30~18:30 × × ×
14:30~18:00 × × × × × ×
  • 午前…9:30~13:00 / 午後…14:30~18:30
  • [休診日] 水曜・日曜・祝祭日

pagetop

無料メール相談