〒454-0852 愛知県名古屋市中川区
昭和橋通4-18 [アクセスMAP]

ご予約・お問い合わせはお電話ください

052-661-0504 初診WEB予約

受付時間
09:30~13:00 × ×
14:30~18:30 × × ×
14:30~18:00 × × × × × ×

休診日:水曜・日曜・祝祭日

一回法と二回法の違い

インプラントコラム

一回法と二回法の違い

名古屋の歯科医院でインプラント手術を考えているという方もいらっしゃるでしょう。名古屋の松年歯科クリニックでは、インプラントの治療も行っています。そこで、名古屋の松年歯科クリニックで行われている、インプラント治療には、一回法と二回法があります。こちらの一回法と二回法とは、どのような治療方法なのでしょうか。そしてどのように違いがあるのでしょうか。詳しく見ていきましょう。
まず、一回法と二回法の違いですが、名古屋で行われている、インプラント治療の二回法の特徴として、歯肉の切開を2度行うというものになります。

名古屋のインプラント治療では、ほとんどの場合が、二回法で治療をするといわれています。
なぜなら、二回法のインプラント治療の場合には、全てのケースで適用することができるからです。名古屋の歯科医院には多くの患者さんが、インプラント治療を希望されますが、色々なケースの患者さんがいます。
どんなケースでも二回法は適用することができるからです。
しかし、二回法は、2度歯茎を切開をする必要性があります。このため、一回法よりも負担が大きいというデメリットもあります。

しかし、歯肉が閉じてから、しっかりと治癒するまで期間を待つことになりますので、感染症などの可能性が低いというメリットがあるのです。
一方で、名古屋で行われているインプラントの一回法の特徴として、歯肉に切開が一度だけであるため、患者様の負担が軽いというメリットがあります。さらに、インプラントの治療の二回法よりも、短時間で手術が終わる可能性が高いというメリットがあります。
しかし、こちらの一回法で手術をする場合には、顎の骨がしっかりとしていなければならないなど、条件があるといえるでしょう。

さらに、インプラントの治療方法の二回法では、骨再生などの併用する場合には、感染リスクなどが比較的高いというデメリットがあります。
このように、名古屋の歯科医院でインプラント治療をする際には、一回法と二回法があります。このため自分に適した方法で治療をすることが大切です。
人それぞれあごの骨の形状や硬さ、また何本インプラントを埋め込むかでも治療の方針が異なってきます。このため、まずは信頼できる名古屋の歯科医院を見つけることが大切であるといえるでしょう。またインプラント治療は長期の治療になりますので、ある程度の治療期間が必要となります。このため、歯科医師とまずは相談をすることが大切であるといえるでしょう。

さまざまなアクセス方法で、遠方
からもお越しいただいています。

電車でお越しの方
名古屋のJRあおなみ線 「名古屋 中島」駅から徒歩3分
お車でお越しの方
1号線沿い、ラウンドワン横
駐車場は10台完備しております
バスでお越しの方
【名古屋 六番町方面からバスで来院される方】
名古屋の市バス・幹神宮2の「市立工業高校」で降りた正面になります。
【庄内川方面からバスで来院される方】
名古屋の市バス・幹神宮2の「名古屋 中島駅」で降りてください。

松年歯科クリニック外観

インプラント治療サイト 松年歯科クリニック

〒454-0852
愛知県名古屋市中川区昭和橋通4-18
[アクセスMAP]

ご予約・お問い合わせはお電話ください
052-661-0504
受付時間
09:30~13:00 × ×
14:30~18:30 × × ×
14:30~18:00 × × × × × ×
  • 午前…9:30~13:00 / 午後…14:30~18:30
  • [休診日] 水曜・日曜・祝祭日

pagetop

無料メール相談