〒454-0852 愛知県名古屋市中川区
昭和橋通4-18 [アクセスMAP]

ご予約・お問い合わせはお電話ください

052-661-0504 初診WEB予約

受付時間
09:30~13:00 × ×
14:30~18:30 × × ×
14:30~18:00 × × × × × ×

休診日:水曜・日曜・祝祭日

骨造成とは

インプラントコラム

骨造成とは

名古屋でもインプラントは主要な治療の一つとして各クリニックで選ばれていますが、全てのケースで基本通りの治療が行える訳ではありません。インプラントは入れ歯やブリッジなど保険適用内の治療に比べ、はるかに治療工程も複雑で期間も長くなりますが、治療時の口腔内や骨格の状況に応じて個別のケアが必要になります。名古屋のクリニックでもこうした個別の事例に際してカウンセリングや歯科用CTスキャンによる詳細な検査を行った上で治療計画を立てますが、中でも多いのがインプラントの土台を埋め込む際の十分な骨が無いというケースです。名古屋のクリニックでもこうしたケースでは骨造成という手法が選ばれる事がありますが、ここではインプラントの際に行われる骨造成とは何かという基本的な治療内容を整理していきましょう。

そもそも治療を行うにあたっては十分な骨の厚みが必要になりますが、これは骨に土台を埋め込むという外科手術が必要なためです。名古屋のクリニックでも比較的良く選択される入れ歯やブリッジの場合には隣接する歯や粘膜でこれらを固定しますが、インプラントは土台を骨に埋め込む必要があるため、しっかりと固定するために相応の骨の厚みが必要になります。しかし、名古屋のクリニックでもよく観察される事例ですが、抜歯後時間が経過していたり、先天的な骨格の形状などによって十分な骨が確保出来ないことがあります。こうした場合には土台が安定せず、手術のリスクが高くなりインプラントの寿命も短くなってしまうので、何らかの対処が必要になりますが、その中の一つが先には挙げた骨造成という方法になります。

骨造成では文字通り骨を造り上げるという治療を行いますが、これは人工の骨や自分の骨を歯茎に移植し、治療に十分な骨の厚みをカバーするというものになります。人工の骨や自分の骨を移植することにより、およそ半年程度後に骨が造成されることを期待して治療が行われますが、安定性と寿命を確保するために非常に重要なものになります。

こうした理由から名古屋のクリニックでもインプラントの治療に際し行われることの多い骨造成ですが、その手法は各クリニックによって様々で主にサイナスリフトとGBRなどが導入されています。手術自体が比較的難しいものなので、名古屋で治療を行う際には実績があり、最新の設備が整えられたクリニックで行うことが望ましいですが、名古屋には全国でも屈指の名クリニックが揃っているので、安心して治療を行うことが出来ます。デメリットとしてはインプラントの治療期間が長期化してしまうことですが、安全に長く使うためには大切なことなので、ぜひカウンセリングなどを通して最適な方法を選択して下さい。

さまざまなアクセス方法で、遠方
からもお越しいただいています。

電車でお越しの方
名古屋のJRあおなみ線 「名古屋 中島」駅から徒歩3分
お車でお越しの方
1号線沿い、ラウンドワン横
駐車場は10台完備しております
バスでお越しの方
【名古屋 六番町方面からバスで来院される方】
名古屋の市バス・幹神宮2の「市立工業高校」で降りた正面になります。
【庄内川方面からバスで来院される方】
名古屋の市バス・幹神宮2の「名古屋 中島駅」で降りてください。

松年歯科クリニック外観

インプラント治療サイト 松年歯科クリニック

〒454-0852
愛知県名古屋市中川区昭和橋通4-18
[アクセスMAP]

ご予約・お問い合わせはお電話ください
052-661-0504
受付時間
09:30~13:00 × ×
14:30~18:30 × × ×
14:30~18:00 × × × × × ×
  • 午前…9:30~13:00 / 午後…14:30~18:30
  • [休診日] 水曜・日曜・祝祭日

pagetop

無料メール相談