〒454-0852 愛知県名古屋市中川区
昭和橋通4-18 [アクセスMAP]

ご予約・お問い合わせはお電話ください

052-661-0504 初診WEB予約

受付時間
09:30~13:00 × ×
14:30~18:30 × × ×
14:30~18:00 × × × × × ×

休診日:水曜・日曜・祝祭日

一回法と二回法の違い

インプラントコラム

一回法と二回法の違い

名古屋の歯科クリニックを訪れる方の理由は様々ですが、加齢による歯周病リスクの増加などにより、歯を失って来院される方も多くいらっしゃいます。もちろん歯を失うリスクは加齢だけでなく、虫歯や事故の外傷など例を挙げればきりがないほどですが、そうした際にインプラントが選択されることがあります。名古屋のクリニックでもよくご質問を受けるこうしたインプラントという治療ですが、自由診療という扱いなので各クリニックで治療方針が大きく異るというのも患者の方が混乱してしまう理由の一つになります。ここでは名古屋のクリニックでもよくご質問を受ける一回法と二回法の違いについて見ていきましょう。

まずこうした一回と二回という数字の差は手術を行う回数を示しています。インプラントの治療は虫歯や入れ歯の歯科治療に比べはるかに高度な外科的な手術を行いますが、これらの過程でインプラントの土台部分を骨に埋め込むという治療が行われます。この際に歯肉を切開し土台を骨に埋め込みますが、一度手術をしてその数ヶ月後に再度被せ物をセットするための手術を行う方法を二回法と呼びます。つまり一度目に歯肉に土台を埋入するという手術を行い、骨との結合を待った後再度アバットメントと呼ばれる部分をセットするという二回の手術を行う方法です。これは名古屋のクリニックでも多く採用されているインプラント手術の中でも比較的メジャーな方法ですが、一方一回法と呼ばれる方法も名古屋ではよく知られる手法になります。

一回法はその名の通り一回の手術で完結する治療法ですが、歯肉にインプラントを埋め込む際に最初から土台とアバットメントが一体化しているワンピースタイプのものを使用するので、二回に手術を分ける必要が無く、患者負担も少ないものをになります。これら二回法と一回法は共に名古屋のクリニックでも広く適用されるものですが、こうした特徴を比較すると患者負担が少なく、治療期間も短い一回法の方が圧倒的に優れているように見えます。

しかし、名古屋のクリニックでもこれらインプラント手術の一回法と二回法はそれぞれ綿密な検査の上選択され、双方のメリットとデメリットを考慮した上で選ばれます。これらの大きな違いは先程も挙げたような期間と回数の違いですが、一回法は二回法に比べ感染症のリスクなども高くなることがあるので、持病のある方や口腔内の状況などによっては選択出来ないということもあります。そのため名古屋のクリニックでもインプラントの手術の前にはカウンセリングや検査を通してその後の治療計画を立てていきますが、こうした治療の選択肢によってその後の治療期間や費用も当然大きく変わってしまいます。

さまざまなアクセス方法で、遠方
からもお越しいただいています。

電車でお越しの方
名古屋のJRあおなみ線 「名古屋 中島」駅から徒歩3分
お車でお越しの方
1号線沿い、ラウンドワン横
駐車場は10台完備しております
バスでお越しの方
【名古屋 六番町方面からバスで来院される方】
名古屋の市バス・幹神宮2の「市立工業高校」で降りた正面になります。
【庄内川方面からバスで来院される方】
名古屋の市バス・幹神宮2の「名古屋 中島駅」で降りてください。

松年歯科クリニック外観

インプラント治療サイト 松年歯科クリニック

〒454-0852
愛知県名古屋市中川区昭和橋通4-18
[アクセスMAP]

ご予約・お問い合わせはお電話ください
052-661-0504
受付時間
09:30~13:00 × ×
14:30~18:30 × × ×
14:30~18:00 × × × × × ×
  • 午前…9:30~13:00 / 午後…14:30~18:30
  • [休診日] 水曜・日曜・祝祭日

pagetop

無料メール相談