〒454-0852 愛知県名古屋市中川区
昭和橋通4-18 [アクセスMAP]

ご予約・お問い合わせはお電話ください

052-661-0504 初診WEB予約

受付時間
09:30~13:00 × ×
14:30~18:30 × × ×
14:30~18:00 × × × × × ×

休診日:水曜・日曜・祝祭日

インプラントを長持ちする方法

インプラントコラム

インプラントを長持ちする方法

インプラントの治療が名古屋を含む日本全国の各歯科クリニックで導入されたのは比較的最近のことですが、世界中で蓄積された臨床実績からブリッジや入れ歯などその他の治療法よりも長く使えるという事が分かっています。よくインプラントは第二の永久歯と表現されることがありますが、これは素材自体がチタン合金という摩擦や損傷に強い材質であることに加え、骨との強固な親和性によってまるで自分の歯や骨のように長く安定して使える事が理由です。このように長期間の使用を前提としたインプラントなので、名古屋のクリニックでも10年の保証期間を設けるなど、治療を受ける患者側としてもより安心して利用出来るようになっていますが、ここではより長持ちする方法について見ていきましょう。

まず名古屋のクリニックでも推奨されていることですが、インプラントは必ず定期的なメンテナンスが必要になります。健康な歯と同じく毎日の歯ブラシやフロスなどのプラークコントロールはもちろんですが、名古屋のクリニックではおよそ3ヶ月に一度程度の定期検診を推奨しています。自然な歯では無いので、虫歯になるということは無いのですが蓄積した歯垢や歯石から生じる歯周病菌などにより、土台を支える歯茎が薄くなることがあります。これは残存する歯にとってもダメージとなることはもちろん、インプラントの寿命も大幅に引き下げてしまうので、長持ちさせるためには必ず行うべきケアになります。実際名古屋のクリニックでも想定期間よりもはるかにインプラントの寿命が短いケースも報告されていますが、それらの多くがこうした歯周病により歯茎と土台部分に溝が出来てしまい、インプラントがグラついてしまうことで生じます。そのため名古屋の各クリニックでも先程も挙げたような定期検診により、歯周病の兆候やかみ合わせなどをチェックしていきます。

そして日々使い続ける中での違和感も重要なサインになります。インプラントはいわば異物なので、当然使い始めは違和感や異物感が強いものなのですが、ある日突然強烈な違和感が生じることがあります。名古屋のクリニックでもよく質問を受けることですが、これはかみ合わせの変化や何らかのトラブルであることがほとんどなので、長持ちさせるためには放置せずにすぐに治療を行ったクリニックを受診することが大切です。このように名古屋のクリニックでも術前と術後には入念な検査や長期的なケアプランが推奨されていますが、残存する歯にも共通する大切なケアなのでぜひ長持ちのためにも実行して下さい。

さまざまなアクセス方法で、遠方
からもお越しいただいています。

電車でお越しの方
名古屋のJRあおなみ線 「名古屋 中島」駅から徒歩3分
お車でお越しの方
1号線沿い、ラウンドワン横
駐車場は10台完備しております
バスでお越しの方
【名古屋 六番町方面からバスで来院される方】
名古屋の市バス・幹神宮2の「市立工業高校」で降りた正面になります。
【庄内川方面からバスで来院される方】
名古屋の市バス・幹神宮2の「名古屋 中島駅」で降りてください。

松年歯科クリニック外観

インプラント治療サイト 松年歯科クリニック

〒454-0852
愛知県名古屋市中川区昭和橋通4-18
[アクセスMAP]

ご予約・お問い合わせはお電話ください
052-661-0504
受付時間
09:30~13:00 × ×
14:30~18:30 × × ×
14:30~18:00 × × × × × ×
  • 午前…9:30~13:00 / 午後…14:30~18:30
  • [休診日] 水曜・日曜・祝祭日

pagetop

無料メール相談