〒454-0852 愛知県名古屋市中川区
昭和橋通4-18 [アクセスMAP]

ご予約・お問い合わせはお電話ください

052-661-0504 初診WEB予約

受付時間
09:30~13:00 × ×
14:30~18:30 × × ×
14:30~18:00 × × × × × ×

休診日:水曜・日曜・祝祭日

どんな場合に骨造成が必要なの?

インプラントコラム

どんな場合に骨造成が必要なの?

名古屋でも日々様々な理由で歯科クリニックに通院されている方がいますが、大きなトレンドとしては歯科治療における審美性の重視ということが挙げられます。ただ機能を回復するだけでなく、見た目も健康で美しい状態を取り戻すということが名古屋の歯科クリニックでも強調されていますが、そうした中ではインプラントという治療もよく選択されるようになりました。入れ歯やブリッジは見た目にすぐ治療の痕跡がわかるので、審美性に優れた方法とは言えませんでしたが、インプラントは見た目はほぼ健常な歯と遜色の無い仕上がりになるので、女性はもちろん男性にも広く受け入れられる治療になっています。

そうした中、インプラントの歯科治療のため名古屋の歯科クリニックを訪れる方も増えていますが、時に骨の形状や顎の状態によって治療がスムーズに進められないということがあります。インプラントは顎の骨に土台を埋め込むという手法の性質上、名古屋のクリニックでも十分な骨の厚みが無ければ安全に行うことが出来ませんが、歯周病で歯を失った方などの場合には骨が通常よりも薄くなっていることがあるので、スムーズな治療が行えないことがあります。そうした場合には骨造成と呼ばれる手法によって少なくなった骨を補うという手法が取られます。

これは人工の骨や自分の骨の素材を適切な箇所に移植し、その後半年程度の期間を設け骨の形成を促すという治療ですが、十分な厚みを確保した上で手術を行えるのでその後の安全性はもちろん、長くインプラントを使うという意味でも非常に優れた手法になります。そうした理由から名古屋の歯科クリニックでも広く適用されていますが、上記に挙げたような歯周病の方以外にも、抜歯後時間が経っている場合には骨が薄くなっていることがあるので、そうした場合にも採用されます。その他にも先天的な骨格の形状やタバコにより歯茎の痩せなど、それぞれ個別の事情を挙げればきりがないほど多様なケースが存在します。

このように名古屋の歯科クリニックでもインプラントの補助的な手術として行われる骨造成ですが、治療期間が長期化すること、メスを入れるような負担の大きな手術を二度に渡って行うことなどデメリットもいくつかある治療になります。もちろん名古屋の歯科クリニックでもそうですが、骨の厚みが十分で無い状態でインプラントの手術を強行することは大きなリスクを伴うので、事前にスケジュール等の調整をした上で長期的な計画で治療を行う必要があります。名古屋の歯科クリニックでもインプラントの際の事前カウンセリングや検査後のカウンセリングで治療のリスクや期間など細かな説明を受けることが出来るので、ぜひ納得した上で治療を選択して下さい。

さまざまなアクセス方法で、遠方
からもお越しいただいています。

電車でお越しの方
名古屋のJRあおなみ線 「名古屋 中島」駅から徒歩3分
お車でお越しの方
1号線沿い、ラウンドワン横
駐車場は10台完備しております
バスでお越しの方
【名古屋 六番町方面からバスで来院される方】
名古屋の市バス・幹神宮2の「市立工業高校」で降りた正面になります。
【庄内川方面からバスで来院される方】
名古屋の市バス・幹神宮2の「名古屋 中島駅」で降りてください。

松年歯科クリニック外観

インプラント治療サイト 松年歯科クリニック

〒454-0852
愛知県名古屋市中川区昭和橋通4-18
[アクセスMAP]

ご予約・お問い合わせはお電話ください
052-661-0504
受付時間
09:30~13:00 × ×
14:30~18:30 × × ×
14:30~18:00 × × × × × ×
  • 午前…9:30~13:00 / 午後…14:30~18:30
  • [休診日] 水曜・日曜・祝祭日

pagetop

無料メール相談