〒454-0852 愛知県名古屋市中川区
昭和橋通4-18 [アクセスMAP]

ご予約・お問い合わせはお電話ください

052-661-0504 初診WEB予約

受付時間
09:30~13:00 × ×
14:30~18:30 × × ×
14:30~18:00 × × × × × ×

休診日:水曜・日曜・祝祭日

インプラントをするタイミングは?

インプラントコラム

インプラントをするタイミングは?

歯を虫歯や歯周病、そして不慮の事故などで不幸にして失ってしまった場合には、従来の入れ歯治療やブリッジ治療という義歯治療の選択肢に加え、インプラント体を患者様の顎の骨に直接埋め込むインプラント手術も選択肢の中に入れる患者様のケースが増えてきています。
今回は、インプラント治療を受ける患者様が「インプラント治療を受けるタイミング」についてお話をさせていただきます。
インプラント治療を行うタイミングは3種類です。歯を患者様が失ってしまった場合に、インプラント治療を行うタイミングについては3種類のタイミングがあります。
1.抜歯をした後に3ヶ月以上待って、インプラント治療を行う
2.抜歯をした後に1ヶ月から2ヶ月経った後に、インプラント治療を行う
3.抜歯と同時にインプラント治療を行う(抜歯即時埋入)
上記3種類のタイミングが、インプラント治療を行う際のタイミングとなります。

現在のインプラント埋め入れの主流となっているのは抜歯後1ヶ月から2ヶ月後に埋め入れを行うパターン
現在、インプラント治療を行う際のインプラント埋め入れのタイミングの主流となっているのは、上記の2.である「抜歯後1ヶ月から2ヶ月経ってからインプラントの埋め入れ手術を開始する」というタイミングです。
なぜ抜歯後1ヶ月から2ヶ月経った後にインプラント埋め入れを行うのが主流の方法となっているのかと言うと、従来の1.の方法である「抜歯から3ヶ月以上待ち、インプラント治療を行う」というスタイルでは、抜歯をした後の歯肉の歯茎の形が変形してしまい、歯茎の形状がインプラント治療後に型崩れしてしまうおそれがある為、現在ではインプラント治療後も極力歯肉の型崩れを防ぐ事が出来る抜歯後1ヶ月から2ヶ月以内にインプラント治療を行う、というスタイルが主流となっているのです。
抜歯後1ヶ月から2ヶ月でインプラント埋め入れを行うもう一つの理由について
抜歯後1ヶ月から2ヶ月でインプラント埋め入れを行う歯科医師が増えているのには理由があります。
それは、抜歯後1ヶ月から2ヶ月では抜歯をした後に開いた歯槽骨の骨の穴の部分がまだ閉じきっておらず、なおかつ歯肉の状態もボリュームがありインプラントを支える歯肉が回りにある事でインプラントが定着しやすい、というメリットがある為です。
もちろん、抜歯後1ヶ月から2ヶ月経った後にインプラントを埋め込む以外にもさまざまなタイミングでインプラント手術は行う事が可能ですが、一番良いのは自分自身の歯肉や歯槽骨の状態に合ったタイミングでインプラント治療を行う事です。

インプラント治療のご相談は名古屋市内の名古屋の歯科医院へ
インプラント治療については、以前から名古屋市内の名古屋のインプラント専門の歯科医院が優秀な治療を行う事で知られています。
名古屋市内の名古屋の歯科医院では、患者様の症例に合わせた患者様それぞれのオーダーメイド方式でのインプラント治療を心がけています。
インプラント治療のご相談をされる場合には、ぜひ一度名古屋市内の名古屋のインプラント治療専門の歯科医院を訪れてご相談をされてみてはいかがでしょうか。

さまざまなアクセス方法で、遠方
からもお越しいただいています。

電車でお越しの方
名古屋のJRあおなみ線 「名古屋 中島」駅から徒歩3分
お車でお越しの方
1号線沿い、ラウンドワン横
駐車場は10台完備しております
バスでお越しの方
【名古屋 六番町方面からバスで来院される方】
名古屋の市バス・幹神宮2の「市立工業高校」で降りた正面になります。
【庄内川方面からバスで来院される方】
名古屋の市バス・幹神宮2の「名古屋 中島駅」で降りてください。

松年歯科クリニック外観

インプラント治療サイト 松年歯科クリニック

〒454-0852
愛知県名古屋市中川区昭和橋通4-18
[アクセスMAP]

ご予約・お問い合わせはお電話ください
052-661-0504
受付時間
09:30~13:00 × ×
14:30~18:30 × × ×
14:30~18:00 × × × × × ×
  • 午前…9:30~13:00 / 午後…14:30~18:30
  • [休診日] 水曜・日曜・祝祭日

pagetop

無料メール相談