〒454-0852 愛知県名古屋市中川区
昭和橋通4-18 [アクセスMAP]

ご予約・お問い合わせはお電話ください

052-661-0504 初診WEB予約

受付時間
09:30~13:00 × ×
14:30~18:30 × × ×
14:30~18:00 × × × × × ×

休診日:水曜・日曜・祝祭日

GBR法について

インプラントコラム

GBR法について

インプラント治療を受ける患者様においては、インプラント体を埋め込む顎の骨の厚みや骨の高さ、そして顎の骨の骨量が不足している場合には、GBR法やスプリットクレフト法などの骨造成法を行ってから顎の骨の高さや厚み、骨量を回復した後にインプラント手術を適用可能となります。
今回は、インプラント手術の前に行う骨造成法であるGBR法とスプリットクレフト法の相違点についてお話をさせていただきます。

GBR法とスプリットクレフト法の相違点
インプラント手術を行うのに最低限必要な患者様の顎の骨の骨密度や骨量、骨の高さや骨の厚みが足りない場合には、GBR法やスプリットクレフト法などの骨造成を行ってから顎の骨の骨量や厚み、高さを増やした後にインプラント手術を行う流れとなります。
GBR法とは、主にインプラント手術を受ける患者様の顎の骨の骨量が足りないケースで適用される骨造成法の一つです。
それに対してスプリットクレフト法とは、主にインプラント手術を受ける患者様の顎の骨の厚みが足りないケースで適用される骨造成法となります。

GBR法のメリットについて
インプラント手術を受ける患者様の顎の骨の骨量が足りないケースで適用される骨造成法であるGBR法においては、
・歯が抜けた箇所の骨吸収が発生して顎の骨の骨量が減っている場合にもGBR法を行う事で骨量を増やしインプラント手術が可能となる点
・GBR法を適用する事で顎の骨が再生されると同時に歯肉である歯茎も再生されて美しくなる点
などがGBR法を適用する場合のメリットとなります。

スプリットクレフト法のメリットについて
インプラント手術を受ける前の骨造成におけるスプリットクレフトとは、主に「上顎の前歯の歯槽骨の厚みが4mm以下になっている患者様」に適用される骨造成法の一つです。
スプリットクレフト法を適用する際のメリットとしては、
1.患者様の歯槽骨の厚みが5mm以下となっているケースにおいてもインプラント手術が骨造成により可能となる点
(ただし最低3mm以上の歯槽骨の厚みがスプリットクレフト法には必要となります)
2.歯槽骨を分割して骨造成を行うスプリットクレフト法においては、骨造成を行った患者様の顎の骨が人工骨などではなく患者様ご自身の骨で囲まれている事で安定性を得やすい点
3.他の骨造成法と比べて外科的処置を行う範囲が少なくて済む点
などがスプリットクレフト法を適用する際のメリットとなります。

骨造成法のご相談は名古屋市内の名古屋のインプラント専門歯科医院へ
GBR法やスプリットクレフト法などの骨造成法を適用する最新のインプラント治療においては、以前から名古屋市内の名古屋のインプラント専門の歯科医院が優秀な歯科医師が多い事で知られています。
名古屋市内の名古屋の歯科医院はインプラント治療の最新設備や最新の治療器具を揃えた歯科医院が多い事でも有名です。
インプラント治療をご検討中で骨造成法を希望される方は、ぜひ一度名古屋市内の名古屋のインプラント専門の歯科医院を訪れてみてはいかがでしょうか。

さまざまなアクセス方法で、遠方
からもお越しいただいています。

電車でお越しの方
名古屋のJRあおなみ線 「名古屋 中島」駅から徒歩3分
お車でお越しの方
1号線沿い、ラウンドワン横
駐車場は10台完備しております
バスでお越しの方
【名古屋 六番町方面からバスで来院される方】
名古屋の市バス・幹神宮2の「市立工業高校」で降りた正面になります。
【庄内川方面からバスで来院される方】
名古屋の市バス・幹神宮2の「名古屋 中島駅」で降りてください。

松年歯科クリニック外観

インプラント治療サイト 松年歯科クリニック

〒454-0852
愛知県名古屋市中川区昭和橋通4-18
[アクセスMAP]

ご予約・お問い合わせはお電話ください
052-661-0504
受付時間
09:30~13:00 × ×
14:30~18:30 × × ×
14:30~18:00 × × × × × ×
  • 午前…9:30~13:00 / 午後…14:30~18:30
  • [休診日] 水曜・日曜・祝祭日

pagetop

無料メール相談