〒454-0852 愛知県名古屋市中川区
昭和橋通4-18 [アクセスMAP]

ご予約・お問い合わせはお電話ください

052-661-0504 初診WEB予約

受付時間
09:30~13:00 × ×
14:30~18:30 × × ×
14:30~18:00 × × × × × ×

休診日:水曜・日曜・祝祭日

HAとチタンについて

インプラントコラム

HAとチタンについて

名古屋でインプラント治療を希望されている方は、インプラントで使用される金属に種類があることはご存知でしょうか?インプラントで使用されるチタンとHAとはどのような金属なのかご案内します。

インプラントの父と呼ばれている、スウェーデンのブローネ・マルクという歯学者が、1965年同僚にインプラント処置を施し、2008年までの約43年間も機能させることができたとされています。偶然、チタンが骨にくっ付くことをブローネ・マルク教授が発見しました。最初は、ウサギの骨の中にチタンの金属を埋め込んで、ある実験をしたことがきっかけでした。数か月後に、埋め込んだチタンを外そうとしたところ、中々取れなかったそうです。そして、取り外したチタンを顕微鏡で見たところ、骨の細胞がびっしりとチタンの回りにくっ付いていたそうです。そのことが現在のインプラントの基本になっているという訳なのです。チタンという金属は、骨の細胞が自分の仲間だと間違えるくらいに、生体によっては優しくて安全な金属な訳です。

インプラントは、フィクスチャーというインプラント体という土台の上にアバットメントとされる支台、更にその上に被せ物である上部構造物の3つのパートから成っています。アバットメントは、通常2回の手術で作られ間をスクリューというネジによって留められています。

HAインプラントのHAとは、ハイドロキシアパタイト略です。これは、リン酸カルシウムで、歯や骨の主要構成成分です。歯のエナメル質の97%は、HAで構成されていますので、生体に馴染みがよいのが特徴です。そして、骨を作る・伝導するという能力を持っていますので、生体に入れると生体に働きかけて、骨を作ってくれるという優れた材料なのです。HAをインプラントの表面に焼き付けた物があります。

インプラントの金属には、きく分けて、チタンの表面が無処理のもの、チタンの表面を荒くしたもの、チタンの表面にHAを焼き付けたものの3種類があります。そして、ネジタイプ、シリンダータイプの2種類によってインプラントと義歯を留めています。HAは、プラズマという手法でチタンの表面にHAを焼き付けています。日本では1992年からHAの使用が認可されています。

チタンもHAも骨に馴染みやすいという性質がありますが、どちらかといえば、チタンの方が若干細菌が侵入しやすいと言われています。また、HAは、チタンよりも馴染みやすく、抜歯をした後に埋入することも可能となっています。

名古屋でインプラント治療を受ける場合は、医師がどのような金属を使用するのか理解したうえで治療を受けましょう。

さまざまなアクセス方法で、遠方
からもお越しいただいています。

電車でお越しの方
名古屋のJRあおなみ線 「名古屋 中島」駅から徒歩3分
お車でお越しの方
1号線沿い、ラウンドワン横
駐車場は10台完備しております
バスでお越しの方
【名古屋 六番町方面からバスで来院される方】
名古屋の市バス・幹神宮2の「市立工業高校」で降りた正面になります。
【庄内川方面からバスで来院される方】
名古屋の市バス・幹神宮2の「名古屋 中島駅」で降りてください。

松年歯科クリニック外観

インプラント治療サイト 松年歯科クリニック

〒454-0852
愛知県名古屋市中川区昭和橋通4-18
[アクセスMAP]

ご予約・お問い合わせはお電話ください
052-661-0504
受付時間
09:30~13:00 × ×
14:30~18:30 × × ×
14:30~18:00 × × × × × ×
  • 午前…9:30~13:00 / 午後…14:30~18:30
  • [休診日] 水曜・日曜・祝祭日

pagetop

無料メール相談