〒454-0852 愛知県名古屋市中川区
昭和橋通4-18 [アクセスMAP]

ご予約・お問い合わせはお電話ください

052-661-0504 初診WEB予約

受付時間
09:30~13:00 × ×
14:30~18:30 × × ×
14:30~18:00 × × × × × ×

休診日:水曜・日曜・祝祭日

骨補填材とは?

インプラントコラム

骨補填材とは?

歯科治療として比較的最近広まってきた治療方法に、インプラントがあります。

インプラント以前は、歯を失った場合、両端の歯を削ってブリッジにするか、部分入れ歯にするか、といった選択肢でしたが、そこから事情が少し変わりました。インプラントはブリッジのように隣の歯を削ったりせず、部分入れ歯のように金具を取り付ける、といったこともせず、顎の骨に直接土台を埋め、そこに人工歯を取り付けるものなので、他の歯に負担をかけずに失った歯を再現できるようになる、といったメリットがあります。感覚的にも自分の歯に近い噛み方が実感できるでしょう。

インプラント治療をするにあたっては、歯科というよりも口腔手術に近いため、入念な事前診断が行われますので、こうした診断のない歯医者は利用すべきではないでしょう。名古屋で歯科医を探す場合にも注意が必要です。

その診断過程において、問題が出てくることもあります。たとえば骨が足りない場合です。

人工歯根を埋めるときに、骨が足りないとその根が定着できないためインプラント治療が行えません。その場合、骨補填材というものを使い、骨を十分な量に増やすことが必要になります。

骨補填材として有効なのは、骨そのものです。骨を移植することで、その骨が定着し、しっかりとした骨となってインプラントの土台になるのです。そしてそのまま骨として生きていて、健康も保てることが求められます。

骨補填材として一番わかりやすく有効なのは、自分の骨です。骨をインプラント予定の場所に移植し、骨量を増やします。顎から骨を集めてきたり、骨盤から持ってくることもあります。

他には自分以外の骨を使う方法です。他人の骨を使っても、自分の骨ほどではありませんが体に定着しやすく、効果を生みます。しかし海外ではメジャーなこの方法ですが、日本では他人の骨を使うことに特に抵抗が強く、採用率は低くなってしまっています。

また完全に人工の材料を使った方法もあります。これまでは人工物だと定着するのに時間がかかってしまってなかなかインプラント治療に入れなかった、というところがあるのですが、複合的に材料を使うことで欠点が改善されてきています。

複合的に使うということでいうと、自分の骨が足りなかったときに全部他人のものにしたり、全部人工のものにしたりするのではなく、本人の骨と、足りない部分を他人の骨、人工物で補完する、といったやり方が中心です。自分の骨が一定量あると、定着しやすいのです。

さまざまなアクセス方法で、遠方
からもお越しいただいています。

電車でお越しの方
名古屋のJRあおなみ線 「名古屋 中島」駅から徒歩3分
お車でお越しの方
1号線沿い、ラウンドワン横
駐車場は10台完備しております
バスでお越しの方
【名古屋 六番町方面からバスで来院される方】
名古屋の市バス・幹神宮2の「市立工業高校」で降りた正面になります。
【庄内川方面からバスで来院される方】
名古屋の市バス・幹神宮2の「名古屋 中島駅」で降りてください。

松年歯科クリニック外観

インプラント治療サイト 松年歯科クリニック

〒454-0852
愛知県名古屋市中川区昭和橋通4-18
[アクセスMAP]

ご予約・お問い合わせはお電話ください
052-661-0504
受付時間
09:30~13:00 × ×
14:30~18:30 × × ×
14:30~18:00 × × × × × ×
  • 午前…9:30~13:00 / 午後…14:30~18:30
  • [休診日] 水曜・日曜・祝祭日

pagetop

無料メール相談